※当サイトは内容にPR・広告・プロモーションを含みます

「苦手な人との付き合い方」は?転職の面接例文3選|志望動機作成法

「苦手な人との付き合い方」は?転職の面接例文3選|志望動機作成法 転職ノウハウ

転職面接で「苦手な人との付き合い方」を聞かれたら?

がっくん
がっくん

志望動機に書く強みをもとに回答すればOK。

転職の面接で「苦手な人との付き合い方」の回答方法に困り果てていませんか?実は私も大いに悩んだ経験があります。

実は「苦手な人との付き合い方」という質問にこそ、自分の強みをアピールできる大きなチャンスがあるのです。

私は志望動機に書いた「強み」をもとに、苦手な人との課題を克服した経験を存分にアピールし、好印象を与えることで内定を掴み取りました。

<br>がっくん

がっくん

中堅企業で平社員だったがっくんです。就職倍率1000倍(2024エントリー、採用2名)の超ホワイト企業に転職できた経験から、実績がない人でも転職成功するノウハウを発信してます。

この記事では、私の実際の経験則から「苦手な人との付き合い方」に対する転職の面接例文と、最強の志望動機を作る方法まで詳しく解説します。

「苦手な人との付き合い方」を独自アンケート調査

「苦手な人との付き合い方」を独自アンケート調査

「苦手な人との付き合い方」という質問について、当ゼミナールで企業の採用担当者を対象に独自アンケート調査を実施しました。

その結果、苦手な人についてしっかりと回答できる応募者の印象は、「大変良い」が最高で68%に達しました。

がっくん
がっくん

たとえ苦手な人でも、どんな付き合い方をするのかをしっかりと説明できれば、採用担当者の興味関心を引くことができるのです。

「苦手な人との付き合い方」にしっかりと回答できれば、採用担当者の興味関心を引ける!

「苦手な人との付き合い方」を聞かれる理由とは?

「苦手な人との付き合い方」を聞かれる理由

面接官が「苦手な人との付き合い方」を聞く理由について解説します。

「苦手な人との付き合い方」を聞く理由

・人柄、人間性が良い人材か確認したい
・苦手な人でも協調できるか確認したい
・志望動機に合う回答内容か確認したい

人柄、人間性が良い人材か確認したい(※「苦手な人との付き合い方」を聞く理由)

採用担当者は、採用にあたって応募者の人柄や人間性を深く知りたいと考えています。「苦手な人との付き合い方」を聞いて、応募者の人柄や人間性を確認しています。

面接では、応募者は自分の良いところだけアピールするのが基本です。そのため、面接官は「苦手な人」という違う角度の質問を通じて、応募者の本音を探っています。

がっくん
がっくん

例えば「時間にルーズな人が苦手」だと答える場合、応募者は時間管理が得意な責任感がある人材、といった具合に見極めるわけですね。

苦手な人でも協調できるか確認したい(※「苦手な人との付き合い方」を聞く理由)

企業は社員同士が協調性を持ち、長く会社に貢献することを望みます。そのうえで、人間関係の悪化による早期退職は、何としても防ぎたいと考えています。

そのため「苦手な人との付き合い方」を尋ねることで、応募者が協調性を持ち、チームや会社組織で協力できるかどうかを確認しています。

がっくん
がっくん

「苦手な人」がいても、前向きかつ積極的な態度で協力できることを説得力をもって伝える必要があります。

志望動機に合う回答内容か確認したい(※「苦手な人との付き合い方」を聞く理由)

企業の採用担当者は、あなたがなぜ自社を志望しているのか?(志望動機)を常に頭に置いて、面接に臨んでいます。

「苦手な人との付き合い方」に関する質問でも、履歴書や面接冒頭で話す志望動機との内容に一貫性があるかどうかを確認しているわけです。

がっくん
がっくん

「苦手な人との付き合い方」に関する質問に対しても、志望動機で述べた自身の強みと一致した内容を答えることで、一貫性を示す必要があります。

「苦手な人との付き合い方」を聞く理由⇒「人間性」協調性」「志望動機との一貫性」の確認

「苦手な人との付き合い方」に対するNG回答

「苦手な人との付き合い方」に対するNG回答

転職面接で「苦手な人との付き合い方」を聞かれたときに、避けるべき回答は以下の通りです。

「苦手な人との付き合い方」のNG回答

・「苦手な人はいない・関わらない」と話す
・苦手な人の「性格・態度」ばかりを挙げる
・「志望動機と関係のない苦手な人」を話す

「苦手な人はいない・関わらない」と話す(※「苦手な人との付き合い方」のNG回答)


「苦手な人との付き合い方」を聞かれたとき、苦手な人はいない、関わらないと避けて答えるのは避けてください。面接官に不信感を与えるからです。

「苦手な人はいない」と言うと協調性があると言うより、嘘をついていると受け取られることがあります。同じく「関わらない」という態度も好ましくありません。

がっくん
がっくん

会社組織ではコミュニケーション能力が不可欠です。積極的な姿勢が求められる中、「関わらない」姿勢は、コミュニケーション能力に不安があると思われるからですね。

苦手な人の「性格・態度」ばかりを挙げる(※「苦手な人との付き合い方」のNG回答)

「苦手な人との付き合い方」を尋ねられた時、苦手な人の性格や態度ばかりを強調し、悪口になってしまうのは避けてください。むしろ、応募者自身がネガティブな印象を持たれます。

怠慢な人、傲慢な人など、「苦手な人」を挙げるとキリがありませんが、これらを一方的に複数話すと、逆に応募者の印象が悪化してしまいます。

がっくん
がっくん

「苦手な人」の悪口ではなく、苦手な人のタイプをひとつだけ示し、それに対して自分がどんな姿勢で向き合い、解決したか?に焦点を当てて答えましょう。

「志望動機と関係のない苦手な人」を話す(※「苦手な人との付き合い方」のNG回答)

「苦手な人との付き合い方」を聞かれた時に、志望動機と矛盾したり、無関係な回答は避けてください。なぜなら、面接官は志望動機をもとに面接を進めるからです。

面接官は面接の最中、応募者の履歴書を手元に置いて、それを見ながら応募者の回答を注意深く観察しています。

がっくん
がっくん

「苦手な人との付き合い方」という一見志望動機と無関係に思える質問でも、面接官は志望動機との一貫性を考えて質問しているので、その点を忘れてはいけません。

「苦手な人との付き合い方」のNG回答⇒「苦手な人を避ける」「苦手な人の悪口になる」「志望動機と一貫性がない」

「苦手な人との付き合い方」志望動機中心で話す

苦手な人との付き合い方」志望動機中心で話す

転職面接で「苦手な人との付き合い方」について答える際は、作成した志望動機を中心に話すことで一貫性を示せます。

私も自分の「強みを反映した志望動機」をもとに回答し、内定を得てきました。今回の「苦手な人」に関しては、自分の強みとは逆の「人」を挙げると良いです。

がっくん
がっくん

例えば、「チームワーク」があなたの強みなら、「協調性がない人」を苦手な人とすることで、面接官に自分の強みを改めて強調し、再認識してもらえるわけです。

「苦手な人との付き合い方」⇒自分の「強みを反映した志望動機」を中心に話す

「苦手な人との付き合い方」志望動機のつくり方(※重要)

面接官に刺さる志望動機の型

「苦手な人との付き合い方」に回答するため、ベースになる志望動機の作成法を紹介します。

がっくん
がっくん

志望動機には、面接官に刺さる「型」が有ります。しかし採用される志望動機に必要不可欠なことがあります。

採用したい志望動機は「自分の強みを理解している」こと

採用したい志望動機は「自分の強みを理解している」

8割以上の採用担当者は「自分の強みを理解している」志望動機を求めることが企業採用担当者のアンケートで分かりました。

がっくん
がっくん

つまり強みが反映されないと採用されない「志望動機」を書き続けることになります。

半数以上の採用担当は自己分析しない応募者を採用しない

自己分析についての企業採用担当者へのアンケート調査結果

半数以上の採用担当者は『自己分析をしていない応募者』は採用しないと追加調査で判明しました。また、9割の面接官は応募者が「自己分析しているか」を見抜けます。

がっくん
がっくん

『自己分析』をしないと半数が即不採用になるわけです。自己分析ナシでは強みが理解できないからです。

最強の志望動機をつくる方法

いちど『自己分析』で分かった強みを反映するだけで面接で何を突っ込まれても『絶対に』ブレない志望動機になります。そもそも、自分の強みをもとに書くからです。

がっくん
がっくん

私は自己分析結果から志望動機をつくり、倍率1000倍の企業にも転職できました。以下に、これを試せる2つの方法を紹介します↓↓どちらかの方法で書いてみてください。

私が実際に無料自己分析ツールで志望動機を書いた方法です。スマホで簡単につくれます↓↓

AIに自己分析結果を学習させて志望動機を書く方法です。転職理由もAIが考えてくれます↓↓

AIが書いた志望動機(一部)

私は保険会社の営業職で、チームメンバーと協力して目標を達成してきました。しかし、前職では既存顧客への保険商品提案が主で、チームワークを発揮する機会が少なかったため、転職を決意しました。貴社は挑戦的なベンチャー企業であり、新規市場への進出やプロジェクト全体の一体感が魅力です。私はチームワークを活かし、新たな事業展開に貢献したいと考え、貴社を志望しました。

がっくん
がっくん

AIが書いた志望動機例文です。人間以上の精度ですね。文字数指定で『履歴書用』も書けるので、利用した方に大変好評です。

「苦手な人との付き合い方」志望動機と回答例文

「苦手な人との付き合い方」志望動機と回答例文

志望動機のつくり方に沿って書いた志望動機と「苦手な人との付き合い方」に対する回答例文3選を紹介します。

がっくん
がっくん

「苦手な人との付き合い方」に回答するポイントは以下の通りです。

「苦手な人との付き合い方」に回答するポイント

・自身の「強みとは反対」の苦手な人を述べる
・苦手な人と「協調したエピソード」を述べる
・応募先で「協調した経験」を活かすと述べる

志望動機と回答例文①(※苦手な人との付き合い方)

【強み:共感性

転職理由

私は現在不動産会社で営業を担当しています。共感性を活かした営業手法でお客様と信頼関係を築き、成約件数を積み上げてまいりました。しかしながら、既製品の住宅ではなく、より柔軟に顧客ニーズに対応できる住宅の営業力を身に付けたいと考えて転職を決意しました。

企業の特徴

貴社は、ハウスメーカーとして自社開発の住宅設備や高度な耐震性を備えた独自工法を通して、常にお客様の期待以上の住宅提供に注力していると伺いました。

マッチング

私は、現職で培った営業経験を活かし、貴社の住宅が持つ付加価値を生かしてお客様のニーズに応え、顧客満足度を一層向上させることで、貴社の業績向上に貢献したいと考えて志望しました。

※不動産会社営業職からハウスメーカー営業職への転職

面接官
面接官

「苦手な人との付き合い方」を教えてください。

あなた
あなた

はい。共感性がない人との付き合い方は難しいですが、お互いに尊重しあえる共通点を見つけ、円滑な関係を築くようにしています。弊社の業務では、顧客との交渉において、チームメンバーの協力が不可欠です。しかしながら、顧客の心理に共感できないメンバーがおり、顧客の信頼を損なうこともありました。ただし、そのメンバーは物件に関する深い知識を持ち、私はその点を大変尊敬していました。彼の知識を活かし、お客様の疑問や要望に的確に応えることで、全体的な顧客満足度の向上に貢献できました。御社においても、チームメンバー同士の尊重できる点に注目し、お客様により良い提案ができるよう努めたいと思います。

志望動機と回答例文②(※苦手な人との付き合い方)

【強み:人当たりの良さ

転職理由

私は百貨店で美容部員を務めていました。お客様との対話を通じた人当たりの良い接客で最適な商品を提案し、リピート購入に結びつけることで、部門の販売実績に貢献してまいりました。今後は、接客力をより一層磨くことで、キャリアを発展させたいと考え、転職を決めました。

企業の特徴

貴社のホテルは、地元企業との協業による観光案内サービスや、スタッフの接遇研修を通してホスピタリティを追求している点に深く感銘を受けました。

マッチング

私は前職の販売経験を活かしつつ、お客様が求めるサービスを先読みできる接遇スキルを高めることで、貴ホテルのリピート利用率を促進し、貴社の発展に貢献したいと考え応募いたしました。

※百貨店美容部員からホテリエへの転職

面接官
面接官

「苦手な人との付き合い方」を教えてください。

あなた
あなた

はい。人当たりの良くない接客をする販売員は苦手ですが、接客業務において歩み寄る姿勢で取り組んでまいりました。特に来店者が急増するシーズンは、ひとりひとりの販売員がお客様に対応する負担が増加し、接客態度に関するクレームが発生することもありました。私は接客業務においてクレームを受けた販売員と面談し、具体的な声掛けの手法や接客態度の向上に関する指導を行いました。その結果、販売員全体のパフォーマンスが向上しました。御社でも、チームワークが求められる状況では、積極的に社員同士で意思疎通を図り、自身のスキルを共有することで、社員全体の接遇のスキルアップに貢献したいと考えています。

志望動機と回答例文③(※苦手な人との付き合い方)

【強み:迅速性

転職理由

私は地方銀行で後方事務を担当しています。電話応対や文書管理において迅速かつ正確な業務処理に従事し、行内や顧客からの信頼を築いてまいりました。しかし、後方事務に携わりながら、よりお客様と直接関わる環境で事務処理スキルを向上させたいとの思いから、転職を決意しました。

企業の特徴

貴院は医療支援システムの導入により、業務の迅速性と正確性を向上させ、患者満足度の向上を目指していると伺いました。

マッチング

私は現職の事務経験を活かし、迅速かつ丁寧な医療事務処理によって医療スタッフを力強くサポートし、患者様の満足度向上に貢献することで、貴院の発展に寄与したいと考えて志望しました。

※地方銀行後方事務職からクリニック医療事務職への転職

面接官
面接官

「苦手な人との付き合い方」を教えてください。

あなた
あなた

はい。業務を迅速に進めることができない人は苦手ですが、互いの得意分野を補完することで協力してきました。例えば、迅速な書類審査が苦手な人でも、私が得意とする文書管理やデータ整理において、書類の精査や記入漏れのチェックを担当してもらうことで、タスクを効果的に分担しました。これにより、全体の業務進行をスムーズにし、各事務員が自身の強みを最大限に発揮できる環境を作りました。御社の医療事務でも迅速性と正確性が求められる環境であることから、自らの事務スキルを最大限に発揮しつつ、他の職員の得意分野を理解し、タスク分担を進めることで、効率的な医療事務処理に貢献したいと考えています。

「苦手な人との付き合い方」私の転職活動体験談

「苦手な人との付き合い方」私の転職活動体験談


「苦手な人との付き合い方」についての質問は、私も経験があります。具体的には「苦手な人はいますか?」といった質問内容でした。

初めての転職活動では、緊張から質問の意図を理解できず、単純に「苦手な人」を羅列してしまい、単なる悪口になりがちです。

苦手な人との向き合い方やチームでの協力に焦点を当て、いかに自分には協調性があるのかをアピールすることが肝心です。

私の場合は、志望動機を考える中で「自分の強み」を応募先企業に積極的に伝えることの重要性に気付きました。

今回の質問でも、「自分の強み」と結びつけることがカギです。どんな転職面接の質問でも、それを通して自分の強みがアピールできます。

がっくん
がっくん

「苦手な人との付き合い方」の質問では、関連する反対の特徴を挙げ、面接官に自分の強みを伝えていきましょう。

「苦手な人との付き合い方」X(旧Twitter)の意見

「苦手な人との付き合い方」X(旧Twitter)の意見

「苦手な人との付き合い方」に関するX(旧Twitter)の意見を見てみましょう。

がっくん
がっくん

「苦手な人との付き合い方」に関して苦手な人のタイプを話すだけの人も多いようです。一方で、単に苦手な人を列挙するだけでなく、人間性を見抜くための質問と捉える人もいますね。

転職成功テクニック

転職成功テクニック

「苦手な人との付き合い方」について面接対策ができたら、次にぜひ実践して欲しい転職を成功に導くテクニックについて紹介します。

がっくん
がっくん

私が倍率1000倍の転職成功時に駆使したテクニックです↓↓このテクニックを活用するだけで、他の転職者と圧倒的な差がつきます。

転職成功テクニック3選

・若手向けの「中規模転職サイト」を利用
・「人柄」特化の転職エージェントを利用
・「家族のための転職」を面接でアピール

若手向けの「中規模転職サイト」を利用

「若手向け」の中規模転職サイトを利用

大手転職サイトだけの登録で満足していませんか?実は、私も含め転職成功者の32%は大手以外の転職サイトも利用して初めて内定しています。

がっくん
がっくん

大手だけを使うと中規模転職サイトの掘り出し求人を見逃すからです。下記では、ホワイト企業に内定する「若手向け」中規模転職サイトを紹介します↓↓

【ホワイト企業×内定】若手向け中規模転職サイトおすすめ3選

「人柄」特化の転職エージェントを利用

「人柄」重視の転職エージェントを利用
株式会社学情‐企業・団体の人事担当者対象インターネットアンケート

実は「人柄」こそ、最大の定着性のアピール法です。「人柄の良さ」を自分で伝えられないことが不採用の大きな原因と言えます。

がっくん
がっくん

しかし「人柄」のアピールに特化した転職エージェントを利用すれば、圧倒的に(ホワイト企業に)採用されやすくなります↓↓

「家族のための転職」を面接でアピール

「家族のための転職」を面接でアピール
リクナビNEXT‐インターネットでアンケート

面接において「家族のための転職」でもあることをアピールすれば信頼性と定着性を示し、採用確率が高まります。私も実践しました。

がっくん
がっくん

詳しいアピール方法は下記記事を参考にしてください↓↓

「転職理由は家族のため」が最強の志望動機

まとめ

「苦手な人との付き合い方」面接例文のまとめ

以上、転職面接での「苦手な人との付き合い方」に対する回答例文と、志望動機の作成法について解説しました。

・独自アンケート調査により、「苦手な人との付き合い方」にしっかりと回答できる応募者は、採用担当者の印象が良いことが判明。
・「苦手な人との付き合い方」を聞かれる理由は、人柄、人間性が良い人材か、苦手な人でも協調できるか、志望動機に合う回答内容か確認するため。
・「苦手な人との付き合い方」に対するNG回答は、苦手な人はいない・関わらない、苦手な人の性格・態度ばかり、志望動機と関係のない苦手な人について述べること。
・「苦手な人との付き合い方」という質問には、志望動機を中心に自分の強みを反映して回答する。
・「苦手な人との付き合い方」に回答するため、自己分析の結果から強みを反映した志望動機をつくる。
・「苦手な人との付き合い方」に回答する際は、自身の「強みとは反対」の苦手な人、苦手な人と「協調したエピソード」、応募先で「協調した経験」を活かしたい順に述べる。
・転職成功テクニックを活用して、ホワイト企業への転職を実現してください。

がっくん
がっくん

みなさんの転職成功を心から祈っております。

転職ノウハウ
がっくんをフォローする
管理人

中堅企業平社員から倍率1000倍(2024名エントリー採用2名)の超ホワイト企業に転職成功。
30代。妻と猫と3人暮らし。
実績がなくても採用される転職ノウハウを日々発信中。

がっくんをフォローする
がっくん転職ゼミナール
タイトルとURLをコピーしました