※当サイトは内容にPR・広告・プロモーションを含みます

「違う仕事がしたい」が転職・退職理由の志望動機例文7選|体験談

「違う仕事がしたい」が転職・退職理由の志望動機例文7選|体験談 転職ノウハウ

「違う仕事がしたい」という転職理由はOK?

がっくん
がっくん

もちろんOK!ただし、キャリアを中心とした志望動機を書かないと、思いは伝わりません。例文を紹介しましょう。

多くの人が「違う仕事がしたい」「他の仕事がしたい」という理由で転職を考えます。私もかつて同じように考え、転職活動をしてきました。

実際に、私は全く未経験の業界、職種の仕事に転職しました。しかし「違う仕事がしたい」と理由だけを採用担当者に伝えたわけではありません

「違う仕事がしたい」と考えたキッカケをきちんと言語化し、キャリア中心の志望動機をつくりこみさえすれば良いのです。

<br>がっくん

がっくん

中堅企業で平社員だったがっくんです。就職倍率1000倍(2024エントリー、採用2名)の超ホワイト企業に転職できた経験から、実績がない人でも転職成功するノウハウを発信してます。

この記事では、私の転職経験から「違う仕事がしたい」という転職理由・退職理由を上手に伝える志望動機例文を解説し、採用に直結する志望動機の作り方を紹介します。

「違う仕事がしたい」転職希望者の割合

「違う仕事がしたい」転職希望者の割合
異業種、異職種への転職割合-doda

dodaによる調査では、違う業界へ転職した人の割合が57%、違う職種に転職した人の割合が34%という結果になっています。

異業種転職

自分が働いている業界とは、違う業界へ転職するのが「異業種転職」です。
例)金融業界から不動産業界へ
例)教育業界からIT業界へ

異職種転職

今の仕事内容とは、違う仕事内容の会社に転職することが「異職種転職」です。
例)事務職から営業職へ
例)デザイナーからエンジニアへ

つまり、転職者のうち半数が違う業界へ転職し、3人に1人は違う職種へ転職していることになります。

がっくん
がっくん

「違う仕事がしたい」という転職・退職理由は、きわめて一般的であるということですね。

「違う仕事がしたい」業界と職種の変更

「違う仕事がしたい」業界と職種変更

「違う仕事がしたい」という転職・退職理由は、業界を変えたいのか、職種を変えたいのか、あるいは両方を変えたいのか、という点をハッキリさせておく方が良いです。

その方が転職の軸が決まりやすくなります。ちなみに職種はそのままで業界だけを変えるような転職方法が流行ってます。

職種はそのままで、業界だけを変える転職例

・不動産会社の営業職⇒損保会社の営業職
・アパレルメーカーの販売職⇒食品メーカーの販売職

業界だけを変えることで、前職の職種のスキルを引き継ぎキャリアアップや年収アップを狙えるのが強みです。

がっくん
がっくん

職種を変えることがダメなわけではありません。特に若いうちは自分に合った職種を探して、色々な求人を見てみましょう。私は業界も職種もまったく違う仕事に転職しました。

「違う仕事がしたい」転職理由の重要性

「違う仕事がしたい」転職理由の重要性

「違う仕事がしたい」ことが転職・退職理由になった経緯は人それぞれですよね。しかしなぜ違う仕事がしたいと考えるようになったかについて考えたことはありますか。

それを考えるだけで、やりたくない仕事を常に頭の片隅に置いて転職活動に専念できます。自然とやりたくない仕事の求人を避けられるわけです。

分かりにくいなら、自分がやりたい仕事は個人プレーなのか、チームプレーなのか2択に分けて考えることがおすすめです。

やりたい仕事は個人プレー?チームプレー?

個人プレー⇒個人の成績を重視する会社で働きたい。
チームプレー⇒部門で連携してプロジェクトを推進する仕事がしたい。

私の場合、前職では顧客対応や事務処理など、ひとりで進める個人プレーの仕事が多かったです。

それが嫌だったわけではありませんが、次の職場ではチームプレーを大切に仕事ができることを目標に、転職活動を行いました。

がっくん
がっくん

「チームプレーの仕事がしたい」ことが頭の片隅にあるので、志望動機を作ったり、面接のときに応用が利きました。

「違う仕事がしたい」アンケートの結果

「違う仕事がしたい」アンケートの結果

一般企業採用担当者100名に「違う仕事がしたい」ことが転職理由の応募者についての印象をアンケート調査しました。

「違う仕事がしたい」が転職理由の応募者の印象は?
大変良い7%
良い33%
どちらでもない54%
悪い6%
一般企業採用担当者100名への独自アンケート結果

40%以上が「良い」と回答し、「悪い」は6%。「どちらでもない」が最多で、半数以上を占める結果となりました。

漠然とした調査内容ですが、転職が一般化した昨今、他の仕事がしたいという転職理由も受け入れられる傾向があるようです。

がっくん
がっくん

なぜ違う仕事がしたいのか、この点をうまく言語化し、志望動機としていかに魅力的に企業にアピールできるかが転職成功のカギを握っています。

「違う仕事がしたい」志望動機例文7選

「違う仕事がしたい」志望動機例文7選

やみくもに「違う仕事がしたい」と転職・退職理由を伝えても、採用担当者に好印象を与えることは難しいです。また、現職の不満をただ列挙することも避けましょう。

私は転職・退職理由として「違う仕事がしたい」ことを志望動機で伝える際、今の職場ではやりたいことが実現できないと伝えました。

・今の職場では「やりたいこと」が実現できない

会社の制度や方針で自分の努力ではどうしようもない事柄を挙げるのがポイントです。

がっくん
がっくん

今回は、3つの職業において、私が実際に使っていた「違う仕事がしたい7つの転職理由」にもとづき、志望動機例文を用意しました。参考にしてください。

違う仕事がしたい7つの転職理由

・自社商品に限りがある
・会社の理念が変化した
・専門業務に取り組めない
・新規顧客が獲得できない
・マネジメントができない
・業務の分業化が進んでいる
・新しい技術を導入できない

【志望動機例文①】自社商品に限りがある(から違う仕事がしたい)

がっくん
がっくん

これは、自分が今働いている会社が扱っている商品やサービスの幅や領域に限界があるから、もっと豊富な商品やサービスを提供している会社に転職したい、と訴える場合。

転職理由(自社商品に限りがある

不動産会社の営業職として、お客様の住宅購入や貸し出しに関するサポートを行っておりますが、取り扱う不動産物件には限りがあり、お客様のニーズに完全に合致する提案をすることは難しい状況です。

企業の特徴

貴社では、太陽光発電システムをはじめ、省エネや蓄電池システムなど、多様かつ充実したな商品を積極的に取り入れていると伺っております。

マッチング

より多くのお客様に満足していただける最適な提案をすることで、貴社発展の一翼を担えると考え、志望いたしました。

不動産会社営業職からガス会社太陽光発電システム営業職への転職

【志望動機例文②】会社の理念が変化した(から違う仕事がしたい)

がっくん
がっくん

こちらは、自分が入った当初の会社の理念と現状がかけ離れているから、初志貫徹したいという理由で転職する場合。

転職理由(会社の理念が変化した

不動産営業職において、お客様に寄り添い、信頼関係を築いていく現職の理念に共感して入社いたしました。しかし、経営方針の変化に伴い、営業成績を優先する風潮が強くなったことで、お客様との信頼関係を崩さざるを得ない状況に陥りました。

企業の特徴

貴社は、太陽光発電の普及を通じて、顧客の生活を支え、地球環境の保全に貢献するという理念を掲げており、その理念に共感しております。

マッチング

お客様との信頼関係を築きながら、地球環境に貢献できることに、大きなやりがいを感じ、応募いたしました。

不動産会社営業職からガス会社太陽光発電システム営業職への転職

【志望動機例文③】新規顧客が獲得できない(から違う仕事がしたい)

がっくん
がっくん

会社の戦略上、新規開拓ではなくて、既存顧客からの収益に頼っているから、もっと収益増に貢献したい意思を示して転職理由にしたもの。

転職理由(新規顧客が獲得できない

私は新規顧客獲得が会社の経営を支える柱であると考えています。しかし、現職では、既存顧客には販売済みの物件の管理や、賃貸物件のリフォームなどのアフターケアに注力し、新規顧客に対しては宣伝費用を掛けず、既存のリピーターや紹介案件に限定しています。

企業の特徴

一方で貴社におかれましては、競争が激しい太陽光発電市場において、新規顧客獲得に力を入れ、セミナーやイベントを活用した積極的なマーケティング施策をとっておられます。

マッチング

貴社のような環境であれば、自身のスキルや意欲を最大限に発揮できると考え、志望しました。

不動産会社営業職からガス会社太陽光発電システム営業職への転職

【志望動機例文④】専門業務に取り組めない(から違う仕事がしたい)

がっくん
がっくん

今の会社の業務が幅広く、ひとつのスキルを極めることができないという転職理由です。

転職理由(専門業務に取り組めない

現職の自動車ディーラーの営業職では、新車販売や、保険代理店業務、整備工場との調整など、幅広い業務を担当するため、顧客へのホスピタリティに特化した業務に集中できない課題があります。

企業の特徴

しかし、貴ホテルのフロント業務では、お客様に対する接遇や案内、チェックイン・アウト手続き、予約管理においても、ホスピタリティを何より重視し、お客様に最高のサービスを提供することが求められます。

マッチング

そのような環境で、ホスピタリティを極め、お客様のニーズを汲み取り、信頼を得ることで貴ホテルの発展に貢献したいと考え志望いたしました。

自動車ディーラー営業職からホテルフロントスタッフへの転職

【志望動機例文⑤】マネジメントができない(から違う仕事がしたい)

がっくん
がっくん

平たく言えば、昇格できないから転職したいということ。ここではマネジメント能力を伸ばしたいことを転職理由で主張します。

転職理由(マネジメントができない

現職においては、在庫管理や販売戦略の立案、スタッフのマネジメントや育成などが求められますが、マネジメント業務は専任のマネージャーが担当することになっており、営業職のスタッフは営業成績や接客スキルのみが求められます。そのため、マネジメント業務を担当する機会がありません。

企業の特徴

しかし、貴ホテルでは、フロントスタッフのマネジメントや新入スタッフの育成などの業務も割り当てられると聞いております。

マッチング

今後のキャリアを踏まえ、マネジメント能力を伸ばし、貴ホテルの発展を支える存在になりたいと考え応募いたしました。

自動車ディーラー営業職からホテルフロントスタッフへの転職

【志望動機例文⑥】業務の分業化が進んでいる(から違う仕事がしたい)

がっくん
がっくん

「専門業務に取り組めない」とは反対に、今の職場では分業化(役割分担)しているので、もっとチームプレーの仕事がしたい、という転職理由。

転職理由(業務の分業化が進んでいる

医療事務職では、医師が患者さんの診療に集中できるように、患者情報の管理業務や患者データ入力業務においてスピーディーな業務遂行が求められるため、各業務の人員の分業化が進んでいます。しかし、私はチームワークを重視し、協力して仕事を進めることが得意です。

企業の特徴

貴庫の後方事務職では、個々の業務が明確に決まっている一方で、お互いの役割や業務を理解し、協力して仕事を進める風土だと伺っています。

マッチング

貴庫であれば、それぞれの業務を尊重しながらもチームワークを活かした仕事ができると考えて応募いたしました。

医療事務職から信用金庫後方事務職への転職

【志望動機例文⑦】新しい技術を導入できない(から違う仕事がしたい)

がっくん
がっくん

事務系職で使えます。予算などの問題で、新しい技術やシステムが導入できない環境だから、効率化を求める希望が叶わないという転職理由です。

転職理由(新しい技術を導入できない

現職においては、患者情報の取り扱いに関する法令が厳しく、新システムの導入が進んでいない課題を感じています。私は、新しい技術やシステムに関心があり、積極的に学び、業務に取り入れ効率化を実現したいと考えています。

企業の特徴

貴庫の後方事務の仕事では、顧客情報管理システムの導入によって、顧客情報を一元管理し、スムーズな業務遂行に役立てられています。

マッチング

顧客情報を正確かつ迅速に処理することで、お客様からの信頼を築き上げ、貴金庫の更なる発展に貢献したいと考えて志望いたしました。

医療事務職から信用金庫後方事務職への転職

未経験業界に転職する際の「未経験ではありますが」と言う文言を使用する際の志望動機の書き方については下記記事が参考になります↓↓

「未経験ではありますが」を志望動機で使う例文9選

「違う仕事がしたい」志望動機の作り方(※重要)

面接官に刺さる志望動機の型

例文で紹介した「違う仕事がしたい」という転職・退職理由の志望動機は、全て転職業界が考えた上記の「型」に沿って書いています。

がっくん
がっくん

この型に当てはめれば、面接官に刺さる志望動機が書けるようになります。しかし採用される志望動機に必要不可欠なことがあります。

採用したい志望動機は「自分の強みを理解している」

採用したい志望動機は「自分の強みを理解している」

一般企業の調査で8割以上の採用担当者は「自分の強みを理解している」志望動機を求めていることが分かりました。

がっくん
がっくん

つまり強みが反映されていない志望動機を書き続けても、採用担当者にとっては魅力がなく、非常に時間がもったいないと言えます。

半数以上の採用担当は『自己分析をしていない応募者』は採用しない

自己分析についての企業採用担当者へのアンケート調査結果

採用担当者への追加調査で半数以上が『自己分析をしていない応募者』は採用しないと回答しました。さらに9割は面接すれば自己分析しているかすぐに見抜けると回答しました。

がっくん
がっくん

『自己分析』をしないと半数が即不採用になるわけです。自己分析ナシでは強みが理解できないからです。

最強の志望動機をつくる方法

いちど『自己分析結果』を反映した志望動機さえつくってしまえば面接で何を突っ込まれても『絶対』にブレない志望動機になります。あなたの強みで書く志望動機だからです。

がっくん
がっくん

私は自己分析結果をもとにして志望動機をつくり、実際に倍率1000倍の企業にも転職できました。以下に試していただける2つの方法を紹介します↓↓

私が実際に無料自己分析ツールで志望動機を書いた方法です。スマホで簡単につくれます↓↓

AIに自己分析結果を学習させて志望動機を書く方法です。転職理由もAIが考えてくれます↓↓

AIが書いた志望動機(一部)

私は保険会社の営業職で、チームメンバーと協力して目標を達成してきました。しかし、前職では既存顧客への保険商品提案が主で、チームワークを発揮する機会が少なかったため、転職を決意しました。貴社は挑戦的なベンチャー企業であり、新規市場への進出やプロジェクト全体の一体感が魅力です。私はチームワークを活かし、新たな事業展開に貢献したいと考え、貴社を志望しました。

がっくん
がっくん

AIが書いた志望動機の例文です。人間が書いたように精工です。文字数指定で『履歴書用』も書けるので、利用した方に大変好評です。良ければ試してみてください↓↓

「違う仕事がしたい」Twitter民の意見

「違う仕事がしたい」Twitter民の意見

「違う仕事がしたい」という転職理由・退職理由についてTwitter民の意見も見ておきましょう。

がっくん
がっくん

色々目を通してみると、しんどいから違う仕事がしたい人、飽きたから違う仕事がしたい人もいます。人それぞれですが、転職後の環境まで見越して取り組む視点は重要だと感じます。

「違う仕事がしたい」私の転職体験談

「違う仕事がしたい」私の転職体験談

「違う仕事がしたい」という転職・退職理由は、ホントによく分かります。私も前職で営業もやりましたし、事務も、クレーム対応から掃除まで何でもやってました。

「このまま30年もずっと働くわけか」と毎日考えていました。だから取引先の会社に行ったとき、ゆったりした社内の雰囲気が羨ましいと何度も思いました。

反対に、忙しくしていて気づいていない、自分が黙々とやっていた仕事の強み、コミュ力が磨かれていたことは、同僚や転職エージェントに指摘されて初めて気づきました。

転職に成功するためには、どうしても「違う仕事がしたい」思いを採用担当者に納得させなければいけないのですが、それを言語化することが本当に難しかったです。

しかし、限られた時間でどれだけクオリティの高い志望動機にできるかが、結局その後転職できるかの流れを大きく変えると思います。

志望動機については、紹介した方法をぜひ試して下さい。自分の強みは、自己分析ツールはもちろん、同僚、家族、知人、エージェントに聞いてみるのもアリです。

がっくん
がっくん

違う仕事に就くというより、自分の強みを評価したり、褒めてくれる人間関係がつくれる会社に出会えることが一番だと、転職を経験してつくづく実感しました。

「違う仕事がしたい」転職成功テクニック

転職成功テクニック

「違う仕事がしたい」と転職・退職理由で悩んでいる方は、私が実践した転職成功テクニックを試してみてください。

がっくん
がっくん

私が倍率1000倍の転職成功時に駆使したテクニックです↓↓このテクニックを活用するだけで、他の転職者と圧倒的な差がつきます。

転職成功テクニック3選

・若手向けの「中規模転職サイト」を利用
・「人柄」特化の転職エージェントを利用
・「家族のための転職」を面接でアピール

若手向けの「中規模転職サイト」を利用

「若手向け」の中規模転職サイトを利用

大手転職サイトだけの登録で満足していませんか?実は、私も含め転職成功者の32%は大手以外の転職サイトも利用して初めて内定しています。

がっくん
がっくん

大手だけを使うと中規模転職サイトの掘り出し求人を見逃すからです。下記では、ホワイト企業に内定する「若手向け」中規模転職サイトを紹介します↓↓

【ホワイト企業×内定】若手向け中規模転職サイトおすすめ3選

「人柄」特化の転職エージェントを利用

「人柄」重視の転職エージェントを利用
株式会社学情‐企業・団体の人事担当者対象インターネットアンケート

実は「人柄」こそ、最大の定着性のアピール法です。「人柄の良さ」を自分で伝えられないことが不採用の大きな原因と言えます。

がっくん
がっくん

しかし「人柄」のアピールに特化した転職エージェントを利用すれば、圧倒的に(ホワイト企業に)採用されやすくなります↓↓

「家族のための転職」を面接でアピール

「家族のための転職」を面接でアピール
リクナビNEXT‐インターネットでアンケート

面接で「家族のために転職する」ことをアピールすれば信頼性と定着性を示すことができます。私も実践しました。

がっくん
がっくん

アピール方法は以下の記事を参考にしてください↓↓

「転職理由は家族のため」が最強の志望動機

まとめ

「違う仕事がしたい」が転職理由、退職理由のまとめ

以上、私の転職経験から「違う仕事がしたい」という転職・退職理由を上手に伝える志望動機例文を解説し、採用に直結する志望動機の作り方を紹介しました。

・「違う仕事がしたい」が転職・退職理由の人の割合は、他の業界への転職者が57%、他の職種への転職者が34%。大抵の転職者は違う仕事に就いています。
・「違う仕事がしたい」が転職・退職理由の人は、業界と職種変更の違いを理解しておくと良いです。職種は変えずに業界だけ変えて、キャリアアップや年収アップを実現する方法が話題です。
・「違う仕事がしたい」が転職・退職理由の人は、一度立ち止まって転職・退職理由を見つめ直すことがオススメ。良く分からない場合は、個人プレー、チームプレー、自分はどちらに向いているかだけでも意識しておくと、転職活動が楽になります。
・「違う仕事がしたい」という転職・退職理由を志望動機に書くポイントは7つです。
・「違う仕事がしたい」が転職・退職理由の方は、無料自己分析ツールで志望動機をつくってみてください。楽にクオリティの高い志望動機がつくれます。
・「違う仕事がしたい」が転職・退職理由の方は、転職成功テクニックを活用してください。

がっくん
がっくん

みなさんの転職成功を心から祈っております。

新記事情報

志望動機が自分で書けなくて悩んでいる方へ、AIに志望動機を書かせるおすすめツールも3選まとめました。以下を参考にしてください↓↓

志望動機作成ツールおすすめ3選

ChatGPTに志望動機を書かせる意味や方法をより具体的にまとめた記事も参考になります↓↓

【ChatGPT】転職の志望動機の作り方、添削方法を解説

引っ越しと同棲に関する新記事をアップしました↓↓

「家の近くで働きたい」転職理由はNG?面接例文3選

勤務地に関する新記事をアップしました↓↓

「引っ越して同棲する」ことが転職理由の例文3選

転職ノウハウ
がっくんをフォローする
管理人

中堅企業平社員から倍率1000倍(2024名エントリー採用2名)の超ホワイト企業に転職成功。
30代。妻と猫と3人暮らし。
実績がなくても採用される転職ノウハウを日々発信中。

がっくんをフォローする
がっくん転職ゼミナール
タイトルとURLをコピーしました