※当サイトは内容にPR・広告・プロモーションを含みます

「仕事で工夫したこと」は何ですか?面接例文|転職の志望動機作成法

「仕事で工夫したこと」は何ですか?面接例文|転職の志望動機作成法 転職ノウハウ

転職面接で「仕事で工夫したこと」を聞かれたら?

がっくん
がっくん

自分の強みを反映した志望動機をもとに回答しましょう。

転職面接における「仕事で工夫したこと」についての回答に悩んでいませんか?私も以前、前職の仕事内容に関する質問を受けた経験があります。

当初は自分が実際に工夫したことだけを話していましたが、それだけでは採用に繋がりませんでした。

私は、まず自分の強みを反映した志望動機を作成し、この志望動機をもとに面接対策を行うことで内定を獲得することができました。

<br>がっくん

がっくん

中堅企業で平社員だったがっくんです。就職倍率1000倍(2024エントリー、採用2名)の超ホワイト企業に転職できた経験から、実績がない人でも転職成功するノウハウを発信してます。

この記事では、私の転職経験をもとに「仕事で工夫したこと」を聞かれた際の面接例文と、採用される志望動機の作成法について詳しく解説します。

「仕事で工夫したこと」のアンケート調査結果

「仕事で工夫したこと」の独自アンケート調査結果

面接で「仕事で工夫したこと」を答えられる応募者の印象について、企業の採用担当者に独自アンケート調査を実施しました。

一般企業の採用担当者100名のうち、「大変良い」が47%、「良い」が35%となり、合わせて80%以上に達しました。

がっくん
がっくん

「仕事で工夫したこと」に関して、しっかりと回答できれば採用担当者の印象が良くなることが分かりますね。

・「仕事で工夫したこと」に答えられる応募者:80%以上の採用担当者が「良い印象」と回答。

「仕事で工夫したこと」を面接官が聞く理由は?

「仕事で工夫したこと」を面接官が聞く理由

転職面接で「仕事で工夫したこと」を面接官が質問する理由は、下記の通りです。

「仕事で工夫したこと」を聞く理由

・仕事に対する「意欲」の確認
・企業との「マッチ度」の確認
・志望動機との「一貫性」の確認

【1】仕事に対する「意欲」の確認(※「仕事で工夫したこと」を聞く理由)

がっくん
がっくん

面接官は「仕事で工夫したこと」を通じて、応募者の成長や会社への貢献など仕事に対する意欲を確認しています。

成長意欲: 応募者がどれだけ自身のスキル向上や、業務の質を高める意欲があるか。
貢献意欲: 応募者が長く会社に尽くして働き、会社や組織へ貢献する意欲があるか。

【2】企業との「マッチ度」の確認(※「仕事で工夫したこと」を聞く理由)

がっくん
がっくん

面接官は「仕事で工夫したこと」を通じて、応募者の協調性や課題解決力、実現可能性を見極め、企業が求める人材とマッチしているかを確認しています。

協調性:応募者がどれだけ自社の社員と協調し、企業の文化・価値観に適応できるか。
課題解決力:応募者がどのような工夫をして課題に取り組み解決したか。その工夫が自社の仕事の進め方と合っているか。
実現可能性: 応募者が工夫したことが、自社の事業や部署でも実現可能かどうか。自社の仕事の進め方に合うか。

【3】志望動機との「一貫性」の確認(※「仕事で工夫したこと」を聞く理由)

がっくん
がっくん

面接官は「仕事で工夫したこと」の回答から、応募者の志望動機との一貫性を確認し、信頼性のある人材か見極めようとします。

一貫性:「仕事で工夫したこと」の回答が履歴書の志望動機と合致しているか、面接終了まで応募者に一貫した姿勢があるか確認しています。
信頼性: 「仕事で工夫したこと」の回答と、応募者の発言や態度が一貫しているかを観察し、信頼できる人材かを確認しています。

・「仕事で工夫したこと」を聞く理由⇒応募者の「意欲」「マッチ度」「一貫性」の確認

「仕事で工夫したこと」で避けるべきNG例文!

「仕事で工夫したこと」に対するNG回答例文

転職面接で「仕事で工夫したこと」を聞かれた際のNG回答と例文を解説します。

「仕事で工夫したこと」のNG回答

・「意欲」を感じない回答
・企業とマッチしない回答
・志望動機と合わない回答

【1】「意欲」を感じない回答(※「仕事で工夫したこと」のNG回答)

がっくん
がっくん

「仕事で工夫したこと」を聞かれた際に、下記のような意欲が感じられない回答は避けましょう。

成長意欲がない: 単に仕事の効率化を図っただけの工夫で、その背後にある学びや自己の成長意欲が伝わらない。
貢献意欲がない:
個人的な業務改善のための工夫だけで、会社全体の利益に対する意識が見えない。

「前職では、与えられた事務作業の効率化のため、エクセルの仕様を工夫しました。」

解説

「与えられた」という受け身の表現や、個人の工夫だけで会社全体の業績向上への貢献意欲も不明確です。

【2】企業とマッチしない回答(※「仕事で工夫したこと」のNG回答)

がっくん
がっくん

「仕事で工夫したこと」の回答に協調性や課題解決力、実現可能性が欠けていると、企業とマッチしない人材と判断される可能性があるため、避けましょう。

協調性がない:チーム内での協力や柔軟な対応が必要な場面で、自分の工夫ばかりを前面に出すと、協調性に欠ける印象を与えます。
課題解決力がない:工夫したことが課題解決に繋がっていないと、同じ課題が自社で起きた際に対応できない印象を与えます。
実現可能性がない:
応募先企業の業務に適さない、または実現が難しい工夫を伝えても、企業に適応できない人材という印象を与えます。

「前職では、営業部門で私だけが新規顧客の対応マニュアルを工夫、改善し全社員に再配布しました。」

解説

チームの意見を反映させる協調性の姿勢が見られず、「全社員に再配布する」という行動も、応募先企業の価値観と合致するか不明です。

【3】志望動機と合わない回答(※「仕事で工夫したこと」のNG回答)

がっくん
がっくん

「仕事で工夫したこと」の回答内容が志望動機と一貫性がないと、応募者の信頼性が損なわれるため、避けた方が良いです。

一貫性がない: 「仕事で工夫したこと」と履歴書に記載した志望動機に一貫性がないと、転職活動をしている理由が不明確な印象を与えます。
信頼性がない:
「仕事で工夫したこと」や面接中の回答が志望動機と矛盾していると、結果として応募者の信頼性が損なわれます。

「私は、営業チームの実績を上げるために、成約率の低いメンバーに積極的に見込み顧客を任せるよう工夫しました。」

解説

もし、志望動機で「顧客満足度を向上させたい」と述べていれば、営業利益を追求するような工夫とは矛盾します。

・「仕事で工夫したこと」のNG回答⇒「意欲」「マッチ度」「一貫性」がない回答

「仕事で工夫したこと」は志望動機を中心に回答

「仕事で工夫したこと」は志望動機を中心に

転職面接で「仕事で工夫したこと」を聞かれた場合、自分の強みを反映した志望動機をもとに回答すれば、NG回答を避けられます。

私も自分の強みを明確にした上で志望動機をつくり、面接対策することで多くの企業から内定を得ることができました。

がっくん
がっくん

このように自己の強みをベースに志望動機を書くことで、「仕事で工夫したこと」を聞かれても、一貫した回答ができ、企業に意欲と信頼性を示すことができます。

・「仕事で工夫したこと」⇒自分の強みを反映した志望動機をもとに回答する

「仕事で工夫したこと」志望動機のつくり方(※重要)

面接官に刺さる志望動機の型

「仕事で工夫したこと」に回答するため、『強み』を理解する必要性と、ベースとなる志望動機の作成法を紹介します。

がっくん
がっくん

志望動機には面接官に刺さる「型」が存在します。しかし採用される志望動機に必要不可欠なことがあります。

採用したい志望動機は「自分の強みを理解している」こと

採用したい志望動機は「自分の強みを理解している」

8割以上の採用担当者は「自分の強みを理解している」志望動機を求めることが企業のアンケート調査で分かりました。

がっくん
がっくん

つまり強みが反映されないといつまでも採用されない志望動機を書き続けることになります。

半数以上の採用担当は自己分析しない応募者を採用しない

自己分析についての企業採用担当者へのアンケート調査結果

半数以上の採用担当者は『自己分析をしていない応募者』は採用しないと追加調査で判明しました。また、9割は応募者が「自己分析済」かを面接中に見抜けます。

がっくん
がっくん

『自己分析』をしないと半数が即不採用になるわけです。自己分析ナシでは強みが理解できないからです。

最強の志望動機をつくる方法

いちど『自己分析』で分かった強みを反映するだけで面接で何を突っ込まれても『絶対に』ブレない志望動機になります。そもそも、強みをもとに書くからです。

がっくん
がっくん

私は自己分析結果から志望動機をつくり、実際に倍率1000倍の企業にも転職できました。以下に、これを試せる2つの方法を紹介します↓↓どちらかの方法で書いてみてください。

私が実際に無料自己分析ツールで志望動機を書いた方法です。スマホで簡単につくれます↓↓

AIに自己分析結果を学習させて志望動機を書く方法です。転職理由もAIが考えてくれます↓↓

AIが書いた志望動機(一部)

私は保険会社の営業職で、チームメンバーと協力して目標を達成してきました。しかし、前職では既存顧客への保険商品提案が主で、チームワークを発揮する機会が少なかったため、転職を決意しました。貴社は挑戦的なベンチャー企業であり、新規市場への進出やプロジェクト全体の一体感が魅力です。私はチームワークを活かし、新たな事業展開に貢献したいと考え、貴社を志望しました。

がっくん
がっくん

AIが書いた志望動機例文です。人間以上の精度です。文字数指定で『履歴書用』も書けるので、利用した方に大変好評です。

「仕事で工夫したこと」志望動機と面接例文

「仕事で工夫したこと」志望動機と面接例文

志望動機のつくり方で作成した志望動機と「仕事で工夫したこと」に対する面接の回答例文を紹介します。

がっくん
がっくん

「仕事で工夫したこと」に回答する際のポイントは以下の通りです。

「仕事で工夫したこと」に回答するポイント

・前職で「工夫したエピソード」を結論から述べる
・「強み」を活かして工夫し解決した経緯を述べる
・「強み」を応募企業でも活かしたいことを述べる

志望動機と面接例文①(※仕事で工夫したこと)

【強み:共感性

転職理由

私は不動産会社で営業職をしています。顧客の要望や不安に共感しながら、信頼を築き上げ、成約に繋げてきました。しかしながら、不動産取引では短期的な契約で顧客との関係が終了することが多いです。そのため、顧客と長く深い関係を築き上げ、人々の生活に密着した商品を扱う業界で、顧客満足度を高める営業力を磨きたいとの思いから、転職を決意いたしました。

企業の特徴

貴社は、生命保険会社として、現代のニーズに合わせた子ども医療保険の開発や、迅速な保険金の支払いに取り組み、顧客満足度の向上に力を注いでいると伺っております。

マッチング

私のこれまでの営業経験を生かし、お客様の生活の中で真に求められている保険のニーズを把握し、最適な商品を提案することで信頼関係を築き上げ、顧客満足度を高めることで貴社の発展に貢献したいと考えて志望しました。

※不動産会社営業職から生命保険会社営業職への転職

面接官
面接官

「仕事で工夫したこと」はありますか?

あなた
あなた

はい。顧客のご要望や不安だけでなく、他の営業メンバーの営業活動にも共感し、積極的に顧客情報を共有するように工夫しました。現職では営業メンバー同士が成績を競い合う風潮がありました。しかし、それでは顧客に最適な物件を提案するという企業理念から逸れ、結果として顧客満足度の低下につながる恐れがあります。そこで私は、顧客情報を他の営業担当者と共有できるように工夫し、どの顧客の問い合わせにも即座に対応できる環境づくりに徹しました。御社でも営業担当者同士の連携を強化し、総合的な顧客満足度の向上に努めたいと考えています。

志望動機と面接例文②(※仕事で工夫したこと)

【強み:人当たりの良さ

転職理由

私は紳士服専門店で販売職として勤務してきました。人当たりの良い接客を心がけ、お客様ひとりひとりに合わせたスタイルの提案やトレンドを取り入れることで、リピート購入率の向上に貢献してまいりました。今後は、接遇を中心にお客様に価値を提供できる環境でキャリアを築きたいと考え、転職を決意しました。

企業の特徴

貴社はホテル経営において、地元企業との協業による観光案内サービスや職員の接遇マナー研修など、ホスピタリティを追求している点に感銘を受けました。

マッチング

私は前職の販売経験を活かし、持ち前の接客スキルを接遇マナーに磨き上げ、お客様に最高の滞在体験を提供することでリピート利用率を高め、貴社のさらなる発展に貢献したいと考えて応募しました。

※紳士服専門店販売職からホテリエへの転職

面接官
面接官

「仕事で工夫したこと」はありますか?

あなた
あなた

はい。前職では、持ち前の人当たりの良い性格を武器に、商品説明以外の対話力を磨き、販売に繋げる工夫を凝らしました。前職では、利益率の高い商品や余剰在庫の販売が重視される傾向がありました。しかし、これが結果的に客離れを招く原因になり、リピート購入に繋がらない現状がありました。私は、商品の説明はもちろん、お客様との対話を重視し、販売員としての魅力も伝えることで、リピート購入客の増加に努めました。御社でも、お客様との対話を通じて企業の顔となるホテリエを目指し、ホテルのリピート利用率向上に貢献したいと思っています。

志望動機と面接例文③(※仕事で工夫したこと)

【強み:迅速性

転職理由

私は自動車ディーラーで営業事務を担当しています。来客応対から顧客のデータ管理まで、日々の業務を迅速かつ正確に行うよう努力してきました。お客様のカーライフを支える仕事にやりがいを感じつつも、より公共性が高く、お客様の日常生活を身近に感じられる環境で事務経験を積みたいと考え、転職を決意しました。

企業の特徴

貴院では医療支援システムの新規導入や、医療事務員がチーム医療に参加し、積極的に患者と関わることで患者満足度の向上を目指していると伺いました。

マッチング

私は、現職での事務経験を活かし、迅速かつ正確な医療事務業務を通じて患者様の待ち時間を短縮し、医療スタッフのサポートと患者様に対する丁寧な対応と説明に努め、患者満足度を向上させることで貴院の発展に貢献したいと考えて志望しました。

※自動車ディーラー営業事務職からクリニック医療事務職への転職

面接官
面接官

「仕事で工夫したこと」はありますか?

あなた
あなた

はい。私は、クレームを迅速に処理できるよう工夫しました。現職では、お客様からの契約や納車に関するクレームが多く寄せられるため、窓口での対応が重要です。迅速に対応しないと、営業担当者に負担がかかり、他のお客様への営業活動にも影響が及びます。私は、クレームごとに対応表を作成し、お電話や来店時に迅速に対応する体制を整え、営業担当者の負担を軽減しました。御社でも、患者様の苦情に対して迅速に対応できるよう、患者情報をしっかりと管理し、医療スタッフの負担を軽減することで、患者満足度の向上に貢献したいと思っています。

「仕事で工夫したこと」私の転職活動体験談

「仕事で工夫したこと」私の転職活動体験談

私も転職活動中の面接で「仕事で工夫したこと」を質問された経験があります。初めは単純に前職での工夫事例だけ話していました。

しかし、多くの面接を受けるなか、採用担当者が面接中に履歴書や職務経歴書を見ながら質問している様子を何度も目にしました。

採用担当者は、基本的に履歴書や職務経歴書に記載された内容をもとに質問を考え、応募者に投げかけています。

これは、企業がスキルや経験よりも応募者の一貫性を重視するからです。採用担当者は、書類と面接の内容が一致している応募者を信頼します。

そして、どの企業でも信頼が採用の決め手になります。信頼できる応募者は、人事部としても役員や社長に推薦しやすく、早期退職のリスクも低いと考えるからです。

がっくん
がっくん

「仕事で工夫したこと」について話す際は、面接官の求めに応えつつ、履歴書の内容(特に志望動機)と矛盾しない、一貫性のある転職活動の姿勢をアピールしてください。

「仕事で工夫したこと」X(旧Twitter)の意見

「仕事で工夫したこと」X(旧Twitter)の意見

転職面接の「仕事で工夫したこと」という質問についてX(旧Twitter)の意見を挙げます。

がっくん
がっくん

「仕事で工夫したこと」について、面接官は想像以上に回答内容に注目しています。また、自己分析によって自身のポテンシャルを理解することも重要ですね。

転職成功テクニック

転職成功テクニック

「仕事で工夫したこと」について面接例文と対策が完了したら、ぜひ実践して欲しい転職成功テクニックを紹介します。

がっくん
がっくん

私が倍率1000倍の転職成功時に駆使したテクニックです↓↓このテクニックを活用すれば、他の転職希望者と圧倒的な差がつきます。

転職成功テクニック3選

・若手向けの「中規模転職サイト」を利用
・「人柄」特化の転職エージェントを利用
・「家族のための転職」を面接でアピール

若手向けの「中規模転職サイト」を利用

「若手向け」の中規模転職サイトを利用

大手転職サイトだけの登録で満足していませんか?実は、私も含め転職成功者の32%は大手以外の転職サイトも利用して初めて内定しています。

がっくん
がっくん

大手だけを使うと中規模転職サイトの掘り出し求人を見逃すからです。下記では、ホワイト企業に内定する「若手向け」中規模転職サイトを紹介します↓↓

【ホワイト企業×内定】若手向け中規模転職サイトおすすめ3選

「人柄」特化の転職エージェントを利用

「人柄」重視の転職エージェントを利用
株式会社学情‐企業・団体の人事担当者対象インターネットアンケート

実は「人柄」こそ、最大の定着性のアピール法です。「人柄の良さ」を自分で伝えられないことが不採用の大きな原因と言えます。

がっくん
がっくん

しかし「人柄」のアピールに特化した転職エージェントを利用すれば、圧倒的に(ホワイト企業に)採用されやすくなります↓↓

「家族のための転職」を面接でアピール

「家族のための転職」を面接でアピール
リクナビNEXT‐インターネットでアンケート

面接で「家族のための転職」をアピールするだけでも信頼性を示すことができます。私も実際に面接で話してきました。

がっくん
がっくん

アピール方法は以下の記事を参考にしてください↓↓

「転職理由は家族のため」が最強の志望動機

まとめ

「仕事で工夫したこと」面接例文のまとめ

以上、転職面接の「仕事で工夫したこと」に対する回答例文と、志望動機の作成法について解説しました。

・独自のアンケート調査の結果、「仕事で工夫したこと」に答えられる応募者に対し、80%以上の採用担当者が印象が良いと回答。
・「仕事で工夫したこと」を面接官が聞く理由は、仕事に対する意欲、企業とのマッチ度、志望動機との一貫性を確認するため。
・「仕事で工夫したこと」に対するNG回答は、意欲を感じない、企業とマッチしない、志望動機と合わない回答。
・「仕事で工夫したこと」は、自分の強みを反映した志望動機をもとに回答しましょう。
・「仕事で工夫したこと」に回答するための志望動機は、自己分析の結果をもとに作成しましょう。
・「仕事で工夫したこと」は、前職で工夫したエピソード、強みを活かして工夫し解決した経緯、強みを応募企業でも活かしたいこと、の順に述べる。
・転職成功テクニックを活用し、内定獲得率の向上を目指してください。

がっくん
がっくん

みなさんの転職成功を心から祈っております。

転職ノウハウ
がっくんをフォローする
管理人

中堅企業平社員から倍率1000倍(2024名エントリー採用2名)の超ホワイト企業に転職成功。
30代。妻と猫と3人暮らし。
実績がなくても採用される転職ノウハウを日々発信中。

がっくんをフォローする
がっくん転職ゼミナール
タイトルとURLをコピーしました