※当サイトは内容にPR・広告・プロモーションを含みます

「前職の経験を活かす」志望動機の書き方と例文3選|1000倍転職者が解説

「前職の経験を活かす」志望動機の書き方と例文を1000倍転職者が解説 転職ノウハウ

志望動機で「前職の経験を活かす」ことはどう書けば良い?

がっくん
がっくん

面接官にあなたの人間性が表れた経験をアピールしよう。

「前職の経験を活かす」ことを志望動機にどう書くべきか悩んでいませんか?私も今までの経験をどう活かすのか、伝え方に悩んだことがあります。

実は、企業の採用担当者(面接官)は、思っているほど「前職の経験を活かす」ことに関心がないのが現状です。

具体的にどのようにして今までの経験を活かすか?そして、面接官が気づいていない、あなたの人間性が表れた経験を志望動機に含めることがポイントです。

<br>がっくん

がっくん

中堅企業で平社員だったがっくんです。就職倍率1000倍(2024エントリー、採用2名)の超ホワイト企業に転職できた経験から、実績がない人でも転職成功するノウハウを発信してます。

この記事では、私の転職体験から「前職の経験を活かす」という志望動機の例文3選を解説し、併せて最強の志望動機をつくる方法をご紹介します。

「前職の経験を活かす」アンケート調査の結果

「前職の経験を活かす」アンケート調査の結果

当サイトで「前職の経験を活かす」という志望動機の印象について、一般企業の採用担当者100名に独自アンケートを行いました。

「前職の経験を活かしたい」志望動機の印象は?
大変良い8%
良い21%
どちらでもない71%
悪い0%
一般企業採用担当者100名への独自アンケート結果

調査の結果、約3割が「良い」と回答した一方で、「どちらでもない」との回答が7割に達しました。

がっくん
がっくん

「前職の経験を活かす」ことに悪い印象はなくても、採用担当者に強い印象を残すことは難しいと言えますね。

「前職の経験を活かす」面接官が見ているコト

「前職の経験を活かす」面接官が見ているコト

アンケート調査の結果で分かるように、企業の採用担当者(面接官)は、「前職の経験を活かす」ことについて、それほど関心が高いわけではありません。

面接官は、あなたの職務経歴を見た時点で、大体どのようなスキルがあるか把握できるからです。

そのため「前職の経験を活かす」ことを強くアピールするには、志望動機に面接官が知らない視点を取り入れることが大切です。

がっくん
がっくん

新しい視点を志望動機で示し「その会社でなければならない」思いを伝えることができれば、会社は評価してくれます。

「前職の経験を活かす」どのように活かせるか

「前職の経験を活かす」どのように活かせるか

前職の経験を活かすことに関して、取り入れるべき「新たな視点」とは、あなたの人間性が表れるような経験を具体的に語ることです。

例えば…

・親切で丁寧な顧客対応
・コミュニケーション力
・迅速で正確な業務処理

がっくん
がっくん

職務経歴書で触れている実績やスキルを志望動機で再度強調するより、面接官には分からない、人間性が表れた経験を話す方が効果的です。

「前職の経験を活かす」志望動機の例文集3選

「前職の経験を活かす」志望動機の例文集3選

今回は以下の3つの視点から「前職の経験を活かす」という志望動機例文3選を紹介します。

がっくん
がっくん

応募者の人間性が表れた経験をもとに、それを応募先でどう活かしたいのかを書きます。

活かすことができる前職の経験

・親切で丁寧な顧客対応
・コミュニケーション力
・迅速で正確な業務処理

①親切で丁寧な顧客対応(前職の経験を活かす※太字)

転職理由

私は前職で不動産会社の営業職として働いており、親切かつ丁寧な顧客対応に努めました。マーケットの動向分析を通じて、お客様に信頼性の高い情報のみを提供することで、営業実績を上げることができました。しかし、激しい価格競争の中で顧客の利益と満足度を追求する姿勢を保つことが困難になり、転職を決意しました。

企業の特徴

貴社は自動車ディーラーとして、車両の購入だけでなくアフターサポートにも力を入れ、顧客満足度の向上と営業利益の増大を両立しています。

マッチング

私は、前職で培った親切かつ丁寧な顧客対応の経験を活かし、お客様との関係を長期的なパートナーシップと捉え、信頼を築くことで貴社の顧客獲得と信頼性向上に貢献したいと考えて、志望いたしました。

不動産会社営業職から自動車ディーラー販売職への転職

②コミュニケーション力(前職の経験を活かす※太字)

転職理由

私は前職で、ゴルフ用品の販売員として勤務し、接客や販売管理の業務に従事していました。お客様に対して明るい対応を心掛け、お客様のニーズを先読みするコミュニケーション力を養うことで、店舗の販売実績に貢献しました。しかし、ゴルフ用品業界ではインターネット販売の台頭もあり、直接対面で顧客にサービスを提供するスキルを伸ばせる仕事がしたいと考えて転職を決めました。

企業の特徴

貴ホテルのフロント業務では、観光案内や会員特典の活用など、お客様のホスピタリティを追求したサービスを提供しています。

マッチング

貴ホテルにおいて、前職で培ったお客様のニーズを先読みするコミュニケーション力の経験を活かし、お客様にとってリピートしたくなるような信頼を築くことで、ホテル経営の一翼を担う存在になりたいと考えて応募しました。

ゴルフ用品販売員からホテルフロント業務への転職

③迅速で正確な業務処理(前職の経験を活かす※太字)

転職理由

私は前職で食品メーカーの営業事務職として、注文処理や請求書の処理を迅速かつ正確に行うことで、営業部門をサポートしてきました。しかし、事務業務の新しいシステムに予算が割り当てられない状況もあり、より効率的な業務を通じて顧客サポートを提供できる環境を求めて転職を決意しました。

企業の特徴

貴院では、最新の医療事務システムを導入し、医師や看護師のサポート、患者サービスに大きく貢献していると伺っています。

マッチング

貴院のような環境なら、私は前職で培った正確さと迅速さを備えた事務処理の経験を活かし、業務の円滑化と効率化を実現することで、貴院のスタッフと患者に最高のサービスを提供できると考えて志望しました。

食品メーカー営業事務職からクリニック医療事務職への転職

がっくん
がっくん

人間性が現れる経験をもとに志望動機を書くことで、企業にとって、より魅力的な志望動機になった感じがしませんか。

「前職の経験を活かす」志望動機のつくりかた(※重要)

面接官に刺さる志望動機の型

例文3選のように「前職の経験を活かす」という志望動機を簡単に作成できる最強の志望動機をつくる方法をご紹介します。

がっくん
がっくん

まず、志望動機には、面接官に刺さる【型】が存在します。しかし採用される志望動機に必要不可欠なことがあります。

採用したい志望動機は「自分の強みを理解している」こと

採用したい志望動機は「自分の強みを理解している」

一般企業の調査で8割以上の採用担当者は「自分の強みを理解している」志望動機を求めることが分かりました。

がっくん
がっくん

つまり強みが反映されていないと、なかなか採用につながらない志望動機を書き続けることになります。

半数以上の採用担当は自己分析しない応募者を採用しない

自己分析についての企業採用担当者へのアンケート調査結果

半数以上の採用担当者は『自己分析をしていない応募者』は採用しないと一般企業の調査で判明しました。また9割は面接で自己分析しているか見抜けると回答しました。

がっくん
がっくん

『自己分析』をしないと半数が即不採用になるわけです。自己分析ナシでは強みが理解できないからです。

最強の志望動機をつくる方法

いちど『自己分析結果』を反映した志望動機さえつくってしまえば面接で何を突っ込まれても『絶対に』ブレない志望動機になります。そもそも、あなたの強みで書くからです。

がっくん
がっくん

私は自己分析結果をもとに志望動機をつくり、実際に倍率1000倍の企業にも転職できました。以下に、これを試していただける2つの方法を紹介します↓↓

私が実際に無料自己分析ツールで志望動機を書いた方法です。スマホで簡単につくれます↓↓

AIに自己分析結果を学習させて志望動機を書く方法です。転職理由もAIが考えてくれます↓↓

AIが書いた志望動機(一部)

私は保険会社の営業職で、チームメンバーと協力して目標を達成してきました。しかし、前職では既存顧客への保険商品提案が主で、チームワークを発揮する機会が少なかったため、転職を決意しました。貴社は挑戦的なベンチャー企業であり、新規市場への進出やプロジェクト全体の一体感が魅力です。私はチームワークを活かし、新たな事業展開に貢献したいと考え、貴社を志望しました。

がっくん
がっくん

AIが書いた志望動機例文です。人間が書く以上の精度です。文字数指定で『履歴書用』も書けるので、利用した方に大変好評です。簡単なので、挑戦してみてください。

「前職の経験を活かす」私の転職体験談

「前職の経験を活かす」私の転職体験談

私は転職活動を通じて「前職の経験を活かす」ことについて、ほとんどの企業の志望動機に書いてきました。面接でも前職で得た経験について質問されることがありました。

しかし、私の経験から感じた全体的な印象は、企業側は前職での経験にあまり関心を持っていないということでした。

それぞれの会社が独自の仕事のやり方を持っているため、採用担当者は前職での経験についてイメージしにくいのでしょう。

私も仕事内容が極めて近いと思われる同業種同職種を受けたことがありますが、反応は低かったですね。そのため、前職の経験を活かすことを話すなら、具体性が必要です。

がっくん
がっくん

具体性と言っても、数字で成果を示すよりも、採用担当者が感覚的に理解できる人間性が表れるような経験を話すことを実践して、関心を引くようにしました。

「前職の経験を活かす」Twitter民の意見

「前職の経験を活かす」Twitter民の意見

「前職の経験を活かす」志望動機について、Twitter民の意見を挙げてみます。

がっくん
がっくん

前職の経験を活かすことについては、志望動機の書き方に悩む方がかなり多い印象です。業務的なことより、苦労した経験、乗り越えた経験、自分視点で振り返ることがポイントですね。

「前職の経験を活かす」転職成功テクニック

転職成功テクニック

「前職の経験を活かす」志望動機を書くことに加えて、ぜひ実践して欲しい転職成功テクニックを紹介します。

がっくん
がっくん

私が倍率1000倍の転職成功時に駆使したテクニックです↓↓このテクニックを活用するだけで、他の転職者と圧倒的な差がつきます。

転職成功テクニック3選

・若手向けの「中規模転職サイト」を利用
・「人柄」特化の転職エージェントを利用
・「家族のための転職」を面接でアピール

若手向けの「中規模転職サイト」を利用

「若手向け」の中規模転職サイトを利用

大手転職サイトだけの登録で満足していませんか?実は、私も含め転職成功者の32%は大手以外の転職サイトも利用して初めて内定しています。

がっくん
がっくん

大手だけを使うと中規模転職サイトの掘り出し求人を見逃すからです。下記では、ホワイト企業に内定する「若手向け」中規模転職サイトを紹介します↓↓

【ホワイト企業×内定】若手向け中規模転職サイトおすすめ3選

「人柄」特化の転職エージェントを利用

「人柄」重視の転職エージェントを利用
株式会社学情‐企業・団体の人事担当者対象インターネットアンケート

実は「人柄」こそ、最大の定着性のアピール法です。「人柄の良さ」を自分で伝えられないことが不採用の大きな原因と言えます。

がっくん
がっくん

しかし「人柄」のアピールに特化した転職エージェントを利用すれば、圧倒的に(ホワイト企業に)採用されやすくなります↓↓

「家族のための転職」を面接でアピール

「家族のための転職」を面接でアピール
リクナビNEXT‐インターネットでアンケート

面接で「家族のために転職する」ことをアピールすれば信頼性と定着性を示すことができます。私も実践しました。

がっくん
がっくん

アピール方法は以下の記事を参考にしてください↓↓

「転職理由は家族のため」が最強の志望動機

まとめ

前職の経験を活かす志望動機のまとめ

以上「前職の経験を活かす」志望動機の書き方について例文を交えて解説し、合わせて内定獲得テクニックについて紹介しました。

・「前職の経験を活かす」ことについて、志望動機で主張しても、採用担当者にそれほど強い印象を与えることは難しい。
・「前職の経験を活かす」ことについてはスキルや実績だけでなく、面接官に新たな視点を与えることが大切。
・「前職の経験を活かす」ことについて、どのように活かせるのか、あなたの人間性にもとづく経験を語ることで企業に「あなたしかいない」と思って貰う志望動機を書くことがポイント。
・「前職の経験を活かす」ことについて書くときは、職務経歴書に書かないような、仕事への取り組み方(丁寧さ、コミュニケーション、正確さ)であなたが努力した経験を書けばOK。
・「前職の経験を活かす」ことを志望動機に書く場合、自己分析結果から作成することで採用される志望動機になる。私が実践した方法に従って志望動機を作ってみてください。
・転職成功テクニックを実践して内定獲得に前進してください。

がっくん
がっくん

皆さんの転職成功を心からお祈りしています。

転職ノウハウ
がっくんをフォローする
管理人

中堅企業平社員から倍率1000倍(2024名エントリー採用2名)の超ホワイト企業に転職成功。
30代。妻と猫と3人暮らし。
実績がなくても採用される転職ノウハウを日々発信中。

がっくんをフォローする
がっくん転職ゼミナール
タイトルとURLをコピーしました