※当サイトは内容にPR・広告・プロモーションを含みます

「チームで何かを成し遂げた経験」転職の面接例文3選|志望動機作成法

「チームで何かを成し遂げた経験」転職の面接例文3選|志望動機作成法 転職ノウハウ

転職面接で「チームで何かを成し遂げた経験」を聞かれたら?

がっくん
がっくん

あなたの強みを反映した志望動機をもとに回答しましょう。

転職面接で「チームで何かを成し遂げた経験」はありますか?という質問の回答方法に悩んでいませんか?私も同じ質問を受けた経験があります。

採用担当者は、チームで成し遂げた経験を聞き、企業にマッチした協調性のある人材か?一貫性のある人材か?を確認しています。

私は自分の強みを含めた志望動機を作成し、この志望動機をもとに回答することで、協調性と一貫性を示し、内定を獲得しました。

<br>がっくん

がっくん

中堅企業で平社員だったがっくんです。就職倍率1000倍(2024エントリー、採用2名)の超ホワイト企業に転職できた経験から、実績がない人でも転職成功するノウハウを発信してます。

この記事では、私の転職体験から「チームで何かを成し遂げた経験」に対する面接回答例文と、採用される志望動機の作成方法を紹介します。

「チームで何かを成し遂げた経験」のアンケート調査結果

「チームで何かを成し遂げた経験」のアンケート調査結果

「チームで何かを成し遂げた経験」という質問に明確に回答できる応募者の印象について、当サイトが独自にアンケートを実施しました。

採用担当者100名の調査で、応募者の印象が「大変良い」「良い」という回答だけで80%以上に達しました。

がっくん
がっくん

チームでの仕事経験をうまく採用担当者にアピールできれば、好印象を残せることが分かりますね。

・「チームで何かを成し遂げた経験」にうまく回答する⇒採用担当者に好印象を残せる。

「チームで何かを成し遂げた経験」を聞かれる理由とは?

「チームで何かを成し遂げた経験」を聞かれる理由

転職面接で「チームで何かを成し遂げた経験」を聞かれる理由について解説します。面接官は質問を通して、以下のポイントを確認しています。

「チームで何かを成し遂げた経験」を聞かれる理由

・協調性やリーダー資質の確認
・企業とのマッチ度合いの確認 
・「志望動機」との一貫性の確認

協調性やリーダー資質の確認(※「チームで何かを成し遂げた経験」を聞かれる理由①)

採用担当者は、「チームで何かを成し遂げた経験」について尋ねることで、応募者に協調性やリーダー資質があるか確認しています。

会社組織ではチームで協力して仕事を遂行することが不可欠です。また、小さなチームを引っ張るリーダー資質も求められます。

がっくん
がっくん

「チームで何かを成し遂げた経験」を聞いて、協調性やリーダー資質を確認し、不足していると感じた応募者の採用には慎重になるのが現実です。

企業とのマッチ度合いの確認(※「チームで何かを成し遂げた経験」を聞かれる理由②) 

採用担当者は「チームで何かを成し遂げた経験」を聞いて、応募者が自社の企業文化や風土にマッチしているか確認しています。

協調性やリーダー資質の経験は重要です。しかし、応募者の経験やエピソードが自社の仕事の進め方や求める募集内容に合っているかもポイントです。

がっくん
がっくん

このため、事前に企業研究を行い、企業の特徴や文化を理解した上で、それに合った経験やエピソードのアピールが必要です。

「志望動機」との一貫性の確認(※「チームで何かを成し遂げた経験」を聞かれる理由③)

採用担当者は、応募者が「チームで何かを成し遂げた経験」を話すなかで、志望動機と内容が一貫しているか確認しています。これは非常に重要なポイントです。

履歴書や面接冒頭で述べる志望動機と、面接の質疑応答での答えに一貫性のない応募者は、信頼性に欠け、マイナスの印象を与えます。

がっくん
がっくん

面接では「志望動機」に合うように、過去のチームでの経験について具体的なエピソードを示すことが必要です。

・「チームで何かを成し遂げた経験」⇒「志望動機」との一貫性の確認

「チームで何かを成し遂げた経験」で避けるべきNG回答

「チームで何かを成し遂げた経験」に対するNG回答

一方で、「チームで何かを成し遂げた経験」について転職面接でのNG回答を解説します。

「チームで何かを成し遂げた経験」のNG回答

・リーダー資質を誇張する
・複数かつ長いエピソード
・志望動機と一貫性がない

リーダー資質を誇張する(※「チームで何かを成し遂げた経験」のNG回答①)

「チームで何かを成し遂げた経験」を話すときに、チームにおけるリーダー資質を誇張しすぎるのは避けるべきです。

リーダー資質は重要ですが、協調性やチームワークが評価対象です。リーダー資質を強調しすぎると逆に協調性が欠如していると受け取られます。

がっくん
がっくん

チームで成し遂げた経験を話すときは、チーム全体の成果に焦点を当て、メンバーと協力して目標を達成した具体的なエピソードを挙げましょう。

複数かつ長いエピソード(※「チームで何かを成し遂げた経験」のNG回答②)

「チームで何かを成し遂げた経験」は、いくら内容が良くても冗長でエピソードが複数あることは避けましょう。

転職面接では、簡潔でまとまりのある回答が好まれます。長すぎて要点を把握しにくいと、コミュニケーションが苦手な印象を与えます。

がっくん
がっくん

チームで成し遂げた経験を話すときは、要点を押さえ、できるだけ簡潔に伝える方が魅力的です。

志望動機と一貫性がない(※「チームで何かを成し遂げた経験」のNG回答③)

「チームで何かを成し遂げた経験」について話すとき、志望動機と一貫性がない回答は避けてください。これは最も気を付けたいポイントです。

中途採用では、面接官は常に応募者がなぜ自社を志望しているのかを頭の隅に置いて、面接をしています。

がっくん
がっくん

回答内容が志望動機と一致していないと、信頼性に欠ける印象を与えます。志望動機との矛盾に気を配り、一貫性を保つように心がけてください。

・「チームで何かを成し遂げた経験」のNG回答⇒「志望動機」と一貫性がない

「チームで何かを成し遂げた経験」志望動機で答える

「チームで何かを成し遂げた経験」志望動機で答える

「チームで何かを成し遂げた経験」については、あなたの強みを反映した志望動機を作成し、それを中心に答えれば良いです。

私は自分の強みを明確にし、企業の特徴と強みがマッチしている志望動機を作成することで、内定を獲得してきました。

がっくん
がっくん

「チームで何かを成し遂げた経験」についても、志望動機に合う内容を話すことで、一貫性を強く示すことができます。

・「チームで何かを成し遂げた経験」⇒「志望動機」をもとに答える

「チームで何かを成し遂げた経験」志望動機の作り方(※重要)

「チームで何かを成し遂げた経験」面接官に刺さる志望動機の型

転職面接で「チームで何かを成し遂げた経験」を答えるため、ベースになる志望動機の作成法を紹介します。

がっくん
がっくん

志望動機には、面接官に刺さる「型」が存在します。しかし採用される志望動機に必要不可欠なことがあります。

採用したい志望動機は「自分の強みを理解している」こと

「チームで何かを成し遂げた経験」採用したい志望動機は「自分の強みを理解している」

8割以上の採用担当者は「自分の強みを理解している」志望動機を求めることが企業アンケート調査で分かりました。

がっくん
がっくん

つまり強みが反映されないといつまでも採用されない志望動機を書き続けることになります。

半数以上の採用担当は自己分析しない応募者を採用しない

「チームで何かを成し遂げた経験」自己分析についての企業採用担当者へのアンケート調査結果

半数以上の採用担当者は『自己分析をしていない応募者』は採用しないと追加調査で判明しました。また、9割の面接官は応募者が「自己分析しているか」を見抜けます。

がっくん
がっくん

『自己分析』をしないと半数が即不採用になるわけです。自己分析ナシでは強みが理解できないからです。

最強の志望動機をつくる方法

いちど『自己分析』で分かった強みを反映するだけで面接で何を突っ込まれても『絶対に』ブレない志望動機になります。そもそも、強みをもとに書くからです。

がっくん
がっくん

私は自己分析結果から志望動機をつくり、実際に倍率1000倍の企業に転職できました。以下に、これを試せる2つの方法を紹介します↓↓どちらかの方法で書いてみて下さい。

私が実際に無料自己分析ツールで志望動機を書いた方法です。スマホで簡単につくれます↓↓

AIに自己分析結果を学習させて志望動機を書く方法です。転職理由もAIが考えてくれます↓↓

AIが書いた志望動機(一部)

私は保険会社の営業職で、チームメンバーと協力して目標を達成してきました。しかし、前職では既存顧客への保険商品提案が主で、チームワークを発揮する機会が少なかったため、転職を決意しました。貴社は挑戦的なベンチャー企業であり、新規市場への進出やプロジェクト全体の一体感が魅力です。私はチームワークを活かし、新たな事業展開に貢献したいと考え、貴社を志望しました。

がっくん
がっくん

AIが書いた志望動機例文です。人間以上の精度ですね。文字数指定で『履歴書用』も書けるので、利用した方に大変好評です。

「チームで何かを成し遂げた経験」志望動機と3例文

「チームで何かを成し遂げた経験」志望動機と3例文

志望動機の作り方に従って書いた志望動機と「チームで何かを成し遂げた経験」に対する回答例文を3つ解説します。

がっくん
がっくん

「チームで何かを成し遂げた経験」について回答するポイントは以下の通りです。

「チームで何かを成し遂げた経験」に回答するポイント

・チームで成し遂げた経験を結論から述べる
・強みを活かしたことをエピソードに含める
・応募した企業で成し遂げたいことを述べる

志望動機と回答例文①(※チームで何かを成し遂げた経験)

【強み:共感性

転職理由

私は不動産会社で営業職を担当しています。共感性を活かした営業姿勢で顧客ニーズを的確に捉え、物件の提案に取り組むことで成約を重ねてきました。しかし、より柔軟性を持ち、高額な物件にも対応できる営業力を身につけたいとの思いから、転職を決意しました。

企業の特徴

貴社はハウスメーカーとして、住宅設備の自社開発に取り組み、耐震性に優れた独自工法が特徴の業界を代表するリーディングカンパニーです。

マッチング

私は現職で培った営業経験を活かし、徹底的な顧客寄りの姿勢で信頼を築き、貴社の特徴を最大限活かすことで契約実績を積み、貴社の発展に貢献したいと考えて志望しました。

※不動産会社営業職からハウスメーカー営業職への転職

面接官
面接官

「チームで何かを成し遂げた経験」を教えてください。

あなた
あなた

はい。職員ごとにタスク分けを行うことで成約率の向上を成し遂げました。現職では職員によって物件の窓口案内や内覧案内など得意分野が異なります。私は各職員の得意分野に共感し、タスク分けを通じてお客様のニーズに柔軟に対応することで、結果として成約率を向上させることができました。御社でも各々の職員が持つ強みを見出し、チームワークを強化することで、お客様にとってより良い住宅提案ができると考えています。

志望動機と回答例文②(※チームで何かを成し遂げた経験)

【強み:人当たりの良さ

転職理由

私はゴルフ用品専門店で販売を担当しておりました。人当たりの良い接客を心がけ、お客様との対話を通じて購買意欲を引き出し、店舗売上に貢献してまいりました。今後は、接客を通じて商品価格以上の価値を提供する環境でキャリアを築きたいと考え、転職を決めました。

企業の特徴

貴社はビジネスホテルでありながら、地域企業と連携した観光案内サービスやレストラン事業に注力し、特に職員の接遇スキルの向上によって顧客満足度向上を図っていると伺いました。

マッチング

私は前職の販売経験を活かし、お客様との対話を通じて隠れたニーズを探りつつ、接遇スキルを磨き顧客満足度を向上させることで、貴社の発展に貢献したいと考えて応募しました。

※ゴルフ用品専門店販売職からホテリエへの転職

面接官
面接官

「チームで何かを成し遂げた経験」を教えてください。

あなた
あなた

はい。売上目標に対してチームで共通認識を持つことが目標達成につながりました。前職では店舗ごとに売上目標が設定されていました。私は持ち前の人当たりの良い性格を活かして、月間の販売実績が低い職員に対して積極的に顧客情報を共有し、接客に当たるよう促しました。これにより、販売員全体の売上向上に貢献しました。御社でも、顧客情報について積極的に職員同士で共有し、チーム全体で顧客満足度向上が図れるよう努めたいと考えています。

志望動機と回答例文③(※チームで何かを成し遂げた経験)

【強み:迅速性

転職理由

私は地方銀行で後方事務を務めています。資料作成や電話応対など、迅速な対応が求められる環境で業務に取り組み、顧客、行内から高く評価を頂いております。しかし、今後はお客様と直接関わる環境で事務処理能力を更に高めたいとの思いから、転職を決意しました。

企業の特徴

貴院は新たな医療支援システムの導入や、事務員に対する積極的なチーム医療の参加を促進し、患者満足度の向上を目指していると伺いました。

マッチング

私は現職の事務経験を活かしつつ、来院される患者様を待たせることのない迅速かつ正確な事務処理に努め、医療スタッフを支えることで貴院の発展に貢献したいと考えて志望しました。

※地方銀行後方事務職からクリニック医療事務職への転職

面接官
面接官

「チームで何かを成し遂げた経験」を教えてください。

あなた
あなた

はい。窓口、営業担当者との連携を深めることで、各種申請の速やかな処理を成し遂げました。銀行の融資業務では、窓口、営業担当者との協力が不可欠です。申請書類に不備がある場合でも、日ごろから各担当者と密に連携することで迅速に対応でき、スムーズな融資提案が可能となりました。御社でも、事務員と医療スタッフの連携を深め、患者様をお待たせしないスムーズな診療により、患者満足度の向上に貢献したいと考えています。

「チームで何かを成し遂げた経験」私の転職活動体験

「チームで何かを成し遂げた経験」私の転職活動体験

私も転職活動中の面接で「チームで何かを成し遂げた経験」を聞かれたことがあります。初めてチームワークや協業について聞かれたときは戸惑いました。

一見難しく思える質問ですが、基本的にどんな業界、職種でも通常はチームで仕事に取り組みます。他の職員と関わらず仕事を行う方が難しいからです。

ですから、とりわけチームだと考え込む必要はありません。あなたが通常行ってきた仕事のなかで、他の職員と連携して仕事をしたことを話すだけで良いのです。

また、肝心なことはチームで成し遂げた経験を聞かれたときに、そのなかで自分の強みを同時にアピールすることです。

私は自己分析で分かった強みをあらゆる面接の回答に含めました。面接の最初から最後まで一貫した考えを持つ応募者は、信頼されるからです。

がっくん
がっくん

自分の強みを活かした志望動機を用意しておき、面接ではそれを補完して質問された内容に丁寧に回答することを心がけてください。

「チームで何かを成し遂げた経験」X(旧Twitter)話題

「チームで何かを成し遂げた経験」X(旧Twitter)話題

転職面接における「チームで何かを成し遂げた経験」についてX(旧Twitter)話題を挙げます。

がっくん
がっくん

優良企業ほど「チームで何かを成し遂げた経験」を重視する、という意見が多数ありました。企業は、チームワークを組織の基盤と捉えているように感じます。

「チームで何かを成し遂げた経験」転職成功テクニック

転職成功テクニック

「チームで何かを成し遂げた経験」の面接対策に加え、ホワイト転職を実現する転職成功テクニックを紹介します。

がっくん
がっくん

私が倍率1000倍の転職成功時に駆使したテクニックです↓↓このテクニックを活用するだけで、他の転職者と圧倒的な差がつきます。

転職成功テクニック3選

・若手向けの「中規模転職サイト」を利用
・「人柄」特化の転職エージェントを利用
・「家族のための転職」を面接でアピール

若手向けの「中規模転職サイト」を利用

「若手向け」の中規模転職サイトを利用

大手転職サイトだけの登録で満足していませんか?実は、私も含め転職成功者の32%は大手以外の転職サイトも利用して初めて内定しています。

がっくん
がっくん

大手だけを使うと中規模転職サイトの掘り出し求人を見逃すからです。下記では、ホワイト企業に内定する「若手向け」中規模転職サイトを紹介します↓↓

【ホワイト企業×内定】若手向け中規模転職サイトおすすめ3選

「人柄」特化の転職エージェントを利用

「人柄」重視の転職エージェントを利用
株式会社学情‐企業・団体の人事担当者対象インターネットアンケート

実は「人柄」こそ、最大の定着性のアピール法です。「人柄の良さ」を自分で伝えられないことが不採用の大きな原因と言えます。

がっくん
がっくん

しかし「人柄」のアピールに特化した転職エージェントを利用すれば、圧倒的に(ホワイト企業に)採用されやすくなります↓↓

「家族のための転職」を面接でアピール

「家族のための転職」を面接でアピール
リクナビNEXT‐インターネットでアンケート

面接で「家族のために転職する」ことをアピールすれば信頼性と定着性を示すことができます。私も実践しました。

がっくん
がっくん

アピール方法は以下の記事を参考にしてください↓↓

「転職理由は家族のため」が最強の志望動機

まとめ

「チームで何かを成し遂げた経験」例文のまとめ

以上、転職面接における「チームで何かを成し遂げた経験」に対する回答例文と、志望動機の作成法を紹介しました。

・独自アンケート調査により「チームで何かを成し遂げた経験」にうまく回答するだけで、採用担当者の80%以上が良い印象をもつことが分かる。
・「チームで何かを成し遂げた経験」を聞かれる理由は、面接官が協調性やリーダー資質、企業とのマッチ度合い、「志望動機」との一貫性を確認したいから。
・「チームで何かを成し遂げた経験」へのNG回答は、リーダー資質を誇張する、複数かつ長いエピソード、志望動機と一貫性がない回答。
・「チームで何かを成し遂げた経験」の質問に対しては、企業の特徴と強みがマッチした志望動機をもとに回答する。
・「チームで何かを成し遂げた経験」に対応するため、自己分析の結果から志望動機を作成してみてください。
・「チームで何かを成し遂げた経験」に対しては、結論、強みを活かしたエピソード、応募した企業で成し遂げたいことの順に述べる。
・転職成功テクニックを活用し、ホワイト転職を実現してください。

がっくん
がっくん

みなさんの転職成功を心から祈っております。

転職ノウハウ
がっくんをフォローする
管理人

中堅企業平社員から倍率1000倍(2024名エントリー採用2名)の超ホワイト企業に転職成功。
30代。妻と猫と3人暮らし。
実績がなくても採用される転職ノウハウを日々発信中。

がっくんをフォローする
がっくん転職ゼミナール
タイトルとURLをコピーしました