※当サイトは内容にPR・広告・プロモーションを含みます

【例文付】志望動機を「難しく考えすぎ」はNG!1000倍転職者が解説

転職の志望動機を難しく考えすぎるとNG! 転職ノウハウ

考えすぎて志望動機が分からなくなってきた…

内定を貰うにはどんな志望動機が印象良いの…

がっくん
がっくん

難しく考えすぎなくてOK!就職倍率1000倍を突破した私が志望動機の極意を解説します。

色んな企業の求人を見ながら「志望動機って結局何なの…」と難しく考えすぎていませんか?この悩み、すごく良く分かります。

私も企業ごとに志望動機をあれこれ考えている中で、結局「私はだれ?ここはどこ?」状態に陥り、採用から離れていった経験があります。

しかし、今ではそんな悩みに応えることができます。

<br>がっくん

がっくん

中堅企業で平社員だったがっくんです。就職倍率1000倍(2024エントリー、採用2名)の超ホワイト企業に転職できた経験から、実績がない人でも転職成功するノウハウを発信してます。

この記事では、志望動機が必要な理由と志望動機のつくりかたについて例文付きで解説します。また私が実践した志望動機作成法も合わせて紹介します。

「志望動機を難しく考えすぎ」ることが良くない理由

「志望動機を難しく考えすぎ」がNGな理由

時間の無駄になる

志望動機を難しく考えすぎることは、言うまでもなく時間の無駄になります。ほとんどの転職希望者は、応募先企業の求人を見て「さて、今回はどういう志望動機でいくか」と悩みます。

がっくん
がっくん

それ自体に問題はありません。しかし求人数は膨大にありますから、その度にいちいち志望動機を考えていては、他の転職活動に回す時間がなくなります。

転職の軸がブレる

これは絶対に避けたいところ。志望動機を難しく考えすぎていると「そもそも自分がなぜ転職しようと考えたか」分からなくなります。これを転職の軸がブレると言います。

大抵の人にとって転職したいのはネガティブな理由が多いですよね。

・給料が安すぎる
・残業が多い
・人間関係が最悪

これはホンネの志望動機としては全然アリです。むしろ転職したいモチベーションを保つためにネガティブな志望動機を持っておくことも大切です。

しかし、転職ではいったんこのネガティブ要素をおいておき、自分の適性とキャリアが中心の志望動機をつくることが、転職成功への近道になります。

がっくん
がっくん

志望動機をつくる方法については後半で解説しています。

「志望動機を難しく考えすぎ」志望動機が必要な理由

「志望動機を難しく考えすぎ」企業が志望動機を求める理由

企業が中途採用で「志望動機を重視」するため、転職の志望動機を難しく考えすぎてしまう人がいます。企業が志望動機を求める理由を考えましょう。

統計から見る企業が志望動機を求める理由

これは厚生労働省による「中途正社員採用者において企業が重視する内容」の調査結果です。

厚生労働省による雇用実態調査
引用元:平成 30 年若年者雇用実態調査の概況

職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神(76%)が圧倒的に優位です。さらにコミュニケーション能力、マナー・常識、組織への適応性等も外せない項目です。

がっくん
がっくん

企業はこのように意欲の高い人材を求めているわけですが、それを判断するために「志望動機」の内容を見るわけです。

実体験から考える企業が志望動機を求める理由

転職の早期退職者について人事のホンネをアンケート

これは一般企業の採用担当者に行った「採用に関してもっとも心配なこと」についての調査結果です。

企業の採用担当者は、応募者に対して「早期退職される(73%)」ことを最も心配し、早期退職されれば「自分に責任を感じる(96%)」と回答しています。

採用担当者はすぐに辞めない定着性がある人材を求めています。私も転職活動で定着性の高い人材であることをアピールしました。その結果、複数の内定を獲得しました。

この経験から、企業は定着性がある人材か否かを志望動機の完成度から確かめようとしていることが分かりました。

がっくん
がっくん

志望動機を難しく考えすぎなくても、つくりこんだ志望動機があれば定着性が伝わります。

要注意!第一印象が大切で志望動機は不問?

企業人事によるアンケート結果で、「第一印象」が採用決定に大きな影響があり「志望動機」はそれほど重要ではないという内容が見受けられます。

しかしこれには注意が必要です。企業人事が求める「第一印象」には、そもそも志望動機の完成度が高いことが含まれています。

志望動機の完成度が高ければ「志望する理由そのものはあまり関係がないよ」ということです。

がっくん
がっくん

「志望動機」が重要ではないと勘違いしないように気をつけてくださいね。

「志望動機を難しく考えすぎ」志望動機のつくり方(※重要)

面接官に刺さる志望動機の型

志望動機を難しく考えすぎる方へ、志望動機のつくり方を解説します。

がっくん
がっくん

志望動機には転職業界が考えた「型」が存在し、この型に当てはめるだけで、面接官に刺さる志望動機は書けます。しかし採用される志望動機に必要不可欠なことがあります。

採用したい志望動機は「自分の強みを理解している」こと

採用したい志望動機は「自分の強みを理解している」

一般企業の調査で8割以上の採用担当者は「自分の強みを理解している」志望動機を求めることが分かりました。

がっくん
がっくん

つまり強みが反映されていないと、なかなか採用につながらない志望動機を書き続けることになります。

半数以上の採用担当は自己分析しない応募者を採用しない

自己分析についての企業採用担当者へのアンケート調査結果

半数以上の採用担当者は『自己分析をしていない応募者』は採用しないと一般企業の調査で判明しました。また9割の面接官は自己分析しているか見抜けると回答しました。

がっくん
がっくん

『自己分析』をしないと半数が即不採用になるわけです。自己分析ナシでは強みが理解できないからです。

最強の志望動機をつくる方法

いちど『自己分析』をして志望動機さえつくってしまえば面接で何を突っ込まれても『絶対に』ブレない志望動機になります。そもそも、あなたの強みで書くからです。

がっくん
がっくん

私は自己分析結果をもとに志望動機をつくり、実際に倍率1000倍の企業にも転職できました。以下に、これを試していただける2つの方法を紹介します↓↓

私が実際に無料自己分析ツールで志望動機を書いた方法です。スマホで簡単につくれます↓↓

AIに自己分析結果を学習させて志望動機を書く方法です。転職理由もAIが考えてくれます↓↓

AIが書いた志望動機(一部)

私は保険会社の営業職で、チームメンバーと協力して目標を達成してきました。しかし、前職では既存顧客への保険商品提案が主で、チームワークを発揮する機会が少なかったため、転職を決意しました。貴社は挑戦的なベンチャー企業であり、新規市場への進出やプロジェクト全体の一体感が魅力です。私はチームワークを活かし、新たな事業展開に貢献したいと考え、貴社を志望しました。

がっくん
がっくん

AIが書いた志望動機例文です。人間が書く以上の精度です。文字数指定で『履歴書用』も書けるので、利用した方に大変好評です。簡単なので、挑戦してみてください。

「志望動機を難しく考えすぎ」志望動機の【例文3選】

「志望動機を難しく考えすぎ」志望動機が思いつかなくてもOK

「志望動機を難しく考えすぎ」ている方へ、「型」に沿ったうえで自己分析で分かった強みをもとに書いた志望動機例文3選を紹介します。

志望動機例文①(志望動機を難しく考えすぎている方へ)

自己分析で分かった強み

・コミュニケーション力

転職理由

私は自動車ディーラー営業職として、コミュニケーションを重視し、顧客ニーズや要望を把握し最適な車を提案することやりがいを感じてきました。しかしながら、ディーラー営業では顧客の関心は購入時に集中するため、より顧客と長期的な関係が築ける環境で、営業力を磨きたいと考えて転職を決意しました。

企業の特徴

貴社は不動産仲介会社として、顧客との持続的な関係構築に注力する風土があり、顧客の声を反映した賃貸物件の選定や契約手続きのサポートを通じて、長期的な信頼関係を築いていると伺っています。

マッチング

貴社であれば、前職で培ったコミュニケーション力を活かし、顧客と長期に渡る関係を構築して顧客満足度の向上に努めることで、貴社の発展に貢献できると考えて志望しました。

※自動車ディーラー営業職から不動産仲介会社営業職への転職

志望動機例文②(志望動機を難しく考えすぎている方へ)

自己分析で分かった強み

・社交性

転職理由

私はスポーツ用品店で販売職として働いています。社交性を活かして、明るく丁寧な接客を心掛け、売上に貢献しました。しかしながら、現職では扱う商品やブランドに制限があり、より多様な製品を取り扱う業界で、販売スキルを高めたいという思いから、転職を決めました。

企業の特徴

貴社は家電量販店の中でも、多種多様な家電製品を取り揃え、セールや割引などの販促活動を通じて、顧客の購買意欲を喚起しています。

マッチング

私は貴社で家電製品に関する専門知識を習得し、明るい接客スキルと確かな商品知識でお客様のニーズに応え、貴社の更なる発展に貢献したいと考えて応募いたしました。

※スポーツ用品店販売職から家電量販店販売職への転職

志望動機例文③(志望動機を難しく考えすぎている方へ)

自己分析で分かった強み

・迅速性

転職理由

私は信用金庫で後方事務を担当しています。迅速かつ正確な業務処理により、業務効率化と顧客サービス向上を図ってきました。しかし、現職では分業化が進んだことで、より専門性の高い事務業務において、業務効率化と高い顧客サービスを実現したいと考えて転職を決意しました。

企業の特徴

貴院は最新の診療支援システムを導入し、効率的な処方箋の入力、請求データ管理等を実現することで、患者サービス向上を図っておられます。

マッチング

貴院での職務を通じて、専門知識と事務スキルを更に培い、医療事務として医療スタッフが効率的に業務を遂行できる環境を整えることで、貴院患者サービスの向上に貢献したいと考えて志望しました。

※信用金庫後方事務職からクリニック医療事務職への転職

がっくん
がっくん

志望動機を難しく考えすぎなくとも、「型」に当てはめ、自己分析結果から作成すれば簡単にこのような志望動機が作成できます。

「志望動機を難しく考えすぎ」志望動機での注意点

「志望動機を難しく考えすぎ」志望動機を作るうえでの注意点

志望動機を考える上での注意点

・年収が良いから
・残業が少ないから
・休日が多いから

といった理由はもちろん志望動機にしてはいけません。その他…

研修制度や教育制度が充実しているから
ワークライフバランスを大事にしてるから
将来性と安定性に魅力を感じたから

以上を志望動機として書く方が大勢いらっしゃいます。これも自分本位の志望動機になっていて仕事に熱意がないとマイナス評価になる可能性が高いので、避けましょう。

がっくん
がっくん

私の転職経験においても「志望動機を難しく考えすぎる人」ほど、応募先企業の教育体制について書いてしまう人が多い印象です。

「志望動機を難しく考えすぎ」採用担当者に聞いた!

「志望動機を難しく考えすぎ」採用担当者に聞いた!

今回、一般企業の採用担当者100名に「志望動機を難しく考えすぎ」ることについて、独自アンケートを実施しました。

一般企業採用担当者100名への独自アンケート結果
志望動機を考えすぎる応募者の印象は?
大変良い32%
良い42%
どちらでもない24%
悪い2%

その結果、大変良い(32%)良い(42%)で、良い印象を持つ採用担当者が圧倒的に多い結果となりました。

難しく考えすぎること自体は、採用担当者にとって大きな問題はありません。採用担当者も志望動機を見れば、あなたが良く考えて書いた志望動機かどうか分かるからです。

しかし、応募者にとっては難しく考えすぎることはデメリットが多いと言えます。

がっくん
がっくん

今回紹介した方法で、効率よくあなたらしい志望動機をつくれば、採用担当者に「良く考えられた志望動機」と見て貰えるはずです。

「志望動機を難しく考えすぎ」ていた私の体験談

「志望動機を難しく考えすぎ」ていた私の体験談

就活の延長で対策していた転職の志望動機

転職活動をしていた時、私も「志望動機を難しく考えすぎ」ていました。最初は、就活のガクチカと同じように、前職で取り組んだ業務内容を自己PRし、応募する企業の魅力を褒めまくっていました。

しかし、これだけでは不十分だと感じ、企業について徹底的に分析して、新規事業やニッチなサービスなどを取り上げてとにかく目立とうと必死でした。

自己PRでは、他の社員よりもわずかに処理が早かった業務に無理やり数字をつけて実績に見せることもありました。

がっくん
がっくん

しかし、結果的に内定をもらえず、転職エージェントに相談したり、参考書籍を読んだりして自分なりの志望動機を作成することに専念しました。

大切なことは一貫性

そんな時に気づいたのが転職の軸(自分の価値観)という視点です。企業に採用されるためには信頼してもらう必要があります。

明確な転職の軸(自分の価値観)があれば、一貫性のある志望動機を作成でき、採用担当者に信頼してもらえます。

がっくん
がっくん

それ以降、ただ難しい志望動機を作ろうとするのではなく、今回紹介したように、一貫性のある志望動機作成に注力し、優良企業から複数の内定をもらうことができました。

「志望動機を難しく考えすぎ」へのみんなの意見

「志望動機を難しく考えすぎ」に対するみんなの意見

志望動機を難しく考えすぎていることについて話題のtwitterを拾ってみました。

がっくん
がっくん

「志望動機を難しく考えすぎている人」は非常に多いです。転職理由(転職の軸)に沿って志望動機を考える、というスタンスは私も同感です。

転職成功テクニック

転職成功テクニック

「志望動機を難しく考えすぎ」る方は、まず強みを活かした志望動機を書きましょう。次に転職成功に使えるテクニックを紹介します。ホワイト企業に内定したい方は、最後までご覧ください。

がっくん
がっくん

私が倍率1000倍の転職成功時に駆使したテクニックです↓↓このテクニックを活用すれば、他の転職者と圧倒的な差がつくので、ぜひ実践してください。

転職成功テクニック3選

・若手向けの「中規模転職サイト」を利用
・「人柄」特化の転職エージェントを利用
・「家族のための転職」を面接でアピール

若手向けの「中規模転職サイト」を利用

「若手向け」の中規模転職サイトを利用

大手転職サイトだけの登録で満足していませんか?実は、私も含め転職成功者の32%は大手以外の転職サイトも利用して初めて内定しています。

がっくん
がっくん

大手だけを使うと中規模転職サイトの掘り出し求人を見逃すからです。下記では、ホワイト企業に内定する「若手向け」中規模転職サイトを紹介します↓↓

【ホワイト企業×内定】若手向け中規模転職サイトおすすめ3選

「人柄」特化の転職エージェントを利用

「人柄」重視の転職エージェントを利用
株式会社学情‐企業・団体の人事担当者対象インターネットアンケート

実は「人柄」こそ、最大の定着性のアピール法です。「人柄の良さ」を自分で伝えられないことが不採用の大きな原因と言えます。

がっくん
がっくん

しかし「人柄」のアピールに特化した転職エージェントを利用すれば、圧倒的に(ホワイト企業に)採用されやすくなります↓↓

「家族のための転職」を面接でアピール

「家族のための転職」を面接でアピール
リクナビNEXT‐インターネットでアンケート

面接で「家族のために転職する」ことをアピールすれば信頼性と定着性を示すことができます。私も実践しました。

がっくん
がっくん

アピール方法は以下の記事を参考にしてください↓↓

「転職理由は家族のため」が最強

まとめ

「志望動機を難しく考えすぎ」のまとめ

以上、志望動機が必要な理由と難しい採用選考を通過するために実践した「採用される最強の志望動機を簡単に作る方法」を解説しました。

・転職の志望動機を難しく考えすぎると時間のムダになり、転職したい理由が分からなくなり、転職活動の軸がブレる恐れがあります。
・転職の志望動機を難しく考えすぎる人は企業の採用判断基準を参考にしてください。企業は職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神等を志望動機から読み取ろうとしています。また、すぐに辞めない定着性があるかも確認しています。さらに、志望動機は不問という調査結果に気を付けてください。本当に志望動機をチェックしないわけではありません。
・難しく考えすぎる人でも自己分析を行って自分の価値観をもとに志望動機をつくれば、一貫性のある最強の志望動機が作成できます。
・難しく考えすぎる人は、志望動機を書くうえで自分本位の志望動機にならないよう注意してください。
・転職成功テクニックを活用して、内定獲得に向けて前進してください。

がっくん
がっくん

みなさんの転職成功を心から祈っております。

転職ノウハウ
がっくんをフォローする
管理人

中堅企業平社員から倍率1000倍(2024名エントリー採用2名)の超ホワイト企業に転職成功。
30代。妻と猫と3人暮らし。
実績がなくても採用される転職ノウハウを日々発信中。

がっくんをフォローする
がっくん転職ゼミナール
タイトルとURLをコピーしました