※当サイトは内容にPR・広告・プロモーションを含みます

「これまで培ってきた能力やスキル」は何ですか?転職の面接例文3選

「これまで培ってきた能力やスキル」は?転職の面接例文3選 転職ノウハウ

転職面接で「これまで培ってきた能力やスキル」を聞かれたら?

がっくん
がっくん

自分の強みを反映した志望動機をもとに回答すればOK。

転職の面接で「これまで培ってきた能力やスキル」を聞かれたときの回答に悩んでいませんか?私も能力やスキルのアピール法に頭を抱えていました。

採用担当者が質問する目的は、応募者の能力やスキルを見極め、本当に自社で活かせる人材かどうかの確認にあります。

私は自分の強みを反映した志望動機を中心に回答することで、採用担当者に一貫性を示し複数の企業から採用内定を貰ってきました。

<br>がっくん

がっくん

中堅企業で平社員だったがっくんです。就職倍率1000倍(2024エントリー、採用2名)の超ホワイト企業に転職できた経験から、実績がない人でも転職成功するノウハウを発信してます。

ここでは、私の転職体験をもとに面接で「これまで培ってきた能力やスキル」を聞かれた際の回答例文3選と最強の志望動機作成法をご紹介します。

「これまで培ってきた能力やスキル」に関するアンケート

「これまで培ってきた能力やスキル」に関するアンケート

「これまで培ってきた能力やスキル」を答えられる応募者の印象について、当サイトで独自にアンケートを実施しました。

一般企業の採用担当者100名を対象に調査した結果、「大変良い」が27%、「良い」が56%で計83%となりました。

がっくん
がっくん

培ってきた能力やスキルをしっかりとアピールできれば、採用担当者に好印象を残せることが分かります。

・「これまで培ってきた能力やスキル」に答えられる応募者:83%の採用担当者が「印象が良い」と回答。

「これまで培ってきた能力やスキル」を聞かれる理由とは

「これまで培ってきた能力やスキル」を聞かれる理由

採用担当者が「これまで培ってきた能力やスキル」を転職面接で聞く理由は、下記の通りです。

「これまで培ってきた能力やスキル」を聞く理由

・「強み」を理解しているか確認したい
「企業研究」をしているか確認したい
「志望動機」との一貫性を確認したい

「強み」を理解しているか確認したい

採用担当者は「これまで培ってきた能力やスキル」を確認し、応募者が自分の強みを理解しているか確認しています。

「これまで培ってきた能力やスキル」は、言い換えれば自分の強みということになります。

強みを理解していないと、転職後も新しい職場でどのように活躍したいのか?を自分でも理解できていないと捉えられてしまいます。

がっくん
がっくん

そのため、あらかじめ自己分析を行い、自分の強みを認識しておきましょう。

「企業研究」をしているか確認したい

採用担当者は、企業研究を行って求人内容をしっかりと理解しつつ、入社意欲が高い人材を求めています。

これまで培ってきた能力やスキルを聞いて、応募先企業の文化や社風に合わせながら回答できるかを見極めています。

このため、事前に企業研究を行い、応募先企業に合わせた能力やスキルを挙げてアピールする必要があります。

がっくん
がっくん

私も面接前は入念な企業研究を行いました。

「志望動機」との一貫性を確認したい

採用担当者は、「これまで培ってきた能力やスキル」の回答内容から、応募者の志望動機との一貫性を確認しています。

履歴書や面接冒頭で述べる志望動機と面接での回答内容に一貫性があれば、面接官に好印象を与えることができます。

転職活動に対する一貫した態度を示すことで、転職への真剣度が伝わり、採用担当者も安心して次のステップに進むことができます。

がっくん
がっくん

私も転職活動中に履歴書に目を落としながら、回答内容をじっくり聞いている面接官の姿を何度も目にしました。

・「これまで培ってきた能力やスキル」を聞く理由強みの理解、企業研究、志望動機との一貫性の確認。

「これまで培ってきた能力やスキル」で避けるべきNG回答

「これまで培ってきた能力やスキル」についてのNG回答

「これまで培ってきた能力やスキル」について、避けるべきNG回答は以下の通りです。

「これまで培ってきた能力やスキル」のNG回答

・「強み」を理解していない
「企業研究」が不足している
「志望動機」と一貫性がない

「強み」を理解していない

「これまで培ってきた能力やスキル」について、強みを理解していないと思われる回答は避けましょう。

培ってきた能力やスキルが多すぎたり、能力やスキルを裏付ける前職の具体的なエピソードがないと、強みの理解不足と見なされます。

がっくん
がっくん

私も面接では、なるべく採用担当者に分かりやすく、前職のエピソードを交えて自分の強みをアピールしました。

「企業研究」が不足している

「これまで培ってきた能力やスキル」において、企業研究が不足していると思われる回答は避けましょう。

どんなに素晴らしい能力やスキルでも、応募先の企業の文化や社風に合わなければ、採用されることはありません。

採用担当者は離職率を気にします。企業に合わないと感じられる人材は会社に定着しないと見なされ、採用の可能性は低くなります。

がっくん
がっくん

「良い人だけど、うちには合わない」という理由で不採用になる応募者の話を、転職エージェントを通じてよく耳にしました。

「志望動機」と一貫性がない

最後に、志望動機と「これまで培ってきた能力やスキル」の間に一貫性がないと思われる回答は避けましょう。

志望動機は転職活動における応募者の「顔」と言えます。それと回答内容が矛盾していると、採用担当者の信頼を損ねます。

転職面接では、採用担当者に信頼され、一緒に働きたいと思われることが採用につながる決め手です。

がっくん
がっくん

まずは、しっかりとした志望動機を作成することから始めましょう。

・「これまで培ってきた能力やスキル」のNG回答⇒強みを理解していない、企業研究が不足している、志望動機と一貫性がない回答。

「これまで培ってきた能力やスキル」では志望動機が重要!

「これまで培ってきた能力やスキル」は一貫性が重要

転職面接で「これまで培ってきた能力やスキル」について話す際は、志望動機を中心にした回答が内定に直結します。

自分の強みを反映させた志望動機をもとに回答することで、採用担当者に対し一貫性を示しつつ、NG回答を避けることができます。

がっくん
がっくん

私も、まず志望動機をしっかりと準備することから始め、それが複数の内定獲得に繋がりました。

・「これまで培ってきた能力やスキル」⇒強みを反映した「志望動機」を中心に回答する

「これまで培ってきた能力やスキル」志望動機の作り方(※重要)

面接官に刺さる志望動機の型

「これまで培ってきた能力やスキル」に回答するため、ベースとなる志望動機の作成法と自分の強みを理解する重要性について解説します。

がっくん
がっくん

志望動機には面接官に刺さる「型」が存在します。しかし採用される志望動機に必要不可欠なことが強みの理解です。

採用したい志望動機は「自分の強みを理解している」こと

採用したい志望動機は「自分の強みを理解している」

8割以上の採用担当者は「自分の強みを理解している」志望動機を求めると企業のアンケート調査で分かりました。

がっくん
がっくん

つまり強みが反映されないと採用されない志望動機を書き続けることになります。

半数以上の採用担当は自己分析しない応募者を採用しない

自己分析についての企業採用担当者へのアンケート調査結果

半数以上の採用担当者は『自己分析をしていない応募者』は採用しないと追加調査で判明しました。また、9割の面接官は応募者が「自己分析済」かを見抜けます。

がっくん
がっくん

『自己分析』をしないと半数が即不採用になるわけです。自己分析ナシでは強みが理解できないからです。

最強の志望動機をつくる方法

いちど『自己分析』で分かった強みを反映するだけで面接で何を突っ込まれても『絶対に』ブレない志望動機になります。そもそも、強みをもとに書くからです。

がっくん
がっくん

私は自己分析結果から志望動機をつくり、実際に倍率1000倍の企業にも転職できました。以下に、これを試せる2つの方法を紹介します↓↓

私が実際に無料自己分析ツールで志望動機を書いた方法です。スマホで簡単につくれます↓↓

AIに自己分析結果を学習させて志望動機を書く方法です。転職理由もAIが考えてくれます↓↓

AIが書いた志望動機(一部)

私は保険会社の営業職で、チームメンバーと協力して目標を達成してきました。しかし、前職では既存顧客への保険商品提案が主で、チームワークを発揮する機会が少なかったため、転職を決意しました。貴社は挑戦的なベンチャー企業であり、新規市場への進出やプロジェクト全体の一体感が魅力です。私はチームワークを活かし、新たな事業展開に貢献したいと考え、貴社を志望しました。

がっくん
がっくん

AIが書いた志望動機例文です。人間以上の精度です。文字数指定で『履歴書用』も書けるので、利用した方に大変好評です。

「これまで培ってきた能力やスキル」志望動機と面接例文

「これまで培ってきた能力やスキル」志望動機と面接例文

志望動機のつくり方で書いた志望動機と「これまで培ってきた能力やスキル」に対する転職面接の回答例文3選を紹介します。

がっくん
がっくん

「これまで培ってきた能力やスキル」に回答するときは、以下のポイントに注意しましょう。

「これまで培ってきた能力やスキル」の回答ポイント

・「強み」をもとにこれまで培ってきた能力やスキルを述べる。
・これまで培ってきた能力やスキルの「エピソード」を述べる。
・志望企業でも培った能力やスキルを「活かす姿勢」を述べる。

志望動機と回答例文①(※これまで培ってきた能力やスキル)

【自己分析で診断した強み:共感力

転職理由

私は不動産会社で営業職を務めています。顧客のニーズに深く共感し、最適な住宅を提案することで成約を重ねてきました。しかしながら、既存物件のみの提案に限界を感じ、より柔軟な住宅提案ができる環境で、営業力を高めたいと考えて転職を決意しました。

企業の特徴

貴社はハウスメーカーとして、自社開発の住宅設備や充実したアフターサービスを通じて顧客満足度を高めている点に、感銘を受けました。

マッチング

現職の営業経験を活かし、貴社の先進的な住宅設備やアフターサービスを通じて顧客と永続的な信頼関係を築き上げ、顧客満足度を高めることで貴社のさらなる発展に貢献したいと考えて志望いたしました。

※不動産会社営業職からハウスメーカー営業職への転職

面接官
面接官

「これまで培ってきた能力やスキル」を教えてください。

あなた
あなた

私は共感力を活かした営業スキルを培ってきました。現職では、予算内で特定の地域に住みたいと考えているお客様が多数いらっしゃいました。私は低価格の物件をただ紹介するだけではなく、お客様とじっくり話し合い、優先順位を伺いました。例えば、ご家族の安全と交通の利便性を重視されているお客様には、ご希望地域の近隣で、交通アクセスが良く、治安の良い物件をご提案し、契約に結びつけてきました。御社で働く機会をいただければ、この経験を活かし、お客様一人ひとりの隠れたニーズを見極めた住宅づくりのご提案によって、満足度の高い営業を目指したいです。

志望動機と回答例文②(※これまで培ってきた能力やスキル)

【自己分析で診断した強み:人当たり

転職理由

私はスポーツ用品店で販売を担当しておりました。人当たりの良い丁寧な接客でお客様との信頼関係を築き、リピート購入を促進することで、店舗売上に貢献してまいりました。今後は接客によってお客様に付加価値を提供できる環境でキャリアを積みたいと考え、転職を決意しました。

企業の特徴

貴社のホテルは地元企業と協業した観光案内サービスや地産地消レストランを併設し、ホスピタリティを追求していることに強く魅力を感じました。

マッチング

私は販売経験を活かしながら、宿泊客一人ひとりに合わせた洗練された接遇によって、お客様に忘れられない滞在体験を創出し、リピート利用率を高めることで貴社ホテルの発展に貢献したいと考えて応募いたしました。

※スポーツ用品店販売員からホテリエへの転職

面接官
面接官

「これまで培ってきた能力やスキル」を教えてください。

あなた
あなた

私は人当たりの良さを活かした接客スキルを培いました。前職では、お客様からクレームをいただくこともありました。販売中のスポーツウェアについてクレームをいただいた際も、謝罪だけでなく、お客様のスポーツに関する話題で会話を広げ、お客様との距離を縮めるよう努めました。お客様は私の接客を気に入ってくださり、最終的に他の商品も併せて購入してくださいました。お客様と信頼関係を深めることが、企業の利益に繋がることを実感しました。御社のホテルでも、前職での接客経験を生かし、ホテルの顔として宿泊客に寄り添う丁寧なサービスで、ホテルのファンを増やし、リピーターの増加に貢献したいです。

志望動機と回答例文③(※これまで培ってきた能力やスキル)

【自己分析で診断した強み:サポート力

転職理由

私は自動車販売店で営業事務を担当しております。顧客からの問い合わせ対応や車両販売における各種事務手続きを迅速に処理し、営業部門をサポートすることで販売台数の増加に貢献してまいりました。しかしながら、現職では主に後方事務を担当しており、より直接顧客と関わる環境で事務処理能力を磨きたいと考えて転職を決意いたしました。

企業の特徴

貴院は新しい予約システムの導入や医療事務員をチーム医療の一員として位置づけ、患者満足度の向上を目指していると伺いました。

マッチング

貴院において、迅速かつ丁寧な事務業務に努めながら、チーム医療の一員としての自覚を持ち、医療スタッフを力強くサポートすることで、患者満足度の向上に貢献したいと考え、志望いたしました。

※自動車販売会社営業事務職からクリニック医療事務職への転職

面接官
面接官

「これまで培ってきた能力やスキル」を教えてください。

あなた
あなた

私はサポート力を活かした事務処理能力を培いました。現職の販売促進キャンペーンでは、電話応対や販売資料の作成だけでなく、営業スタッフが販売活動に集中できるようサポートしました。過去の販売履歴を見て、購入パターンや顧客の興味がある車種、購入周期を見極め、新車に関心が高そうな既存顧客を営業担当者と共有しました。この結果、キャンペーン期間中の再購入率を向上させることができました。御院においても、チーム医療の一員として、効率的な医療事務業務を行い、患者様への細やかな配慮をもって医療スタッフを全力でサポートしたいと考えています。

「これまで培ってきた能力やスキル」私の転職活動体験談

「これまで培ってきた能力やスキル」私の転職活動体験談

転職活動中の面接で、私も自分がこれまで培ってきた能力やスキルに関する質問を何度か受けたことがあります。

面接官が本当に応募者の能力やスキルを確認しようとしている場合もあれば、そうではない場合もあります。

企業の採用担当者が何より重視しているのは、応募者が転職活動にどれだけ一貫した態度と真剣さで臨んでいるか?です。

採用担当者にとって、何より避けたいのは早期退職者を出すことです。早期退職者が出ると、投じたコストと労力が無駄になるからです。

面接官は応募者がどれだけ熱意を持って転職活動を行い、転職後にも会社に馴染んで定着し、長く働けるかを見極めています。

がっくん
がっくん

能力やスキルのアピールに集中しすぎると、矛盾した回答になります。まずは中心となる志望動機をしっかり準備することから始めてください。

「これまで培ってきた能力やスキル」X(旧Twitter)の意見

「これまで培ってきた能力やスキル」X(旧Twitter)の意見

「これまで培ってきた能力やスキル」についてX(旧Twitter)の意見を見てみましょう。

がっくん
がっくん

「これまで培ってきた能力やスキル」を含め企業が求める人材とどう合致するか示すことが大切、という採用担当経験者の意見がありました。

「これまで培ってきた能力やスキル」転職成功テクニック

転職成功テクニック

「これまで培ってきた能力やスキル」について面接対策ができたら、ぜひ転職を成功に導くテクニックを実践して下さい。

がっくん
がっくん

私が倍率1000倍の転職成功時に駆使したテクニックです↓↓

転職成功テクニック3選

・若手向けの「中規模転職サイト」を利用
・「人柄」特化の転職エージェントを利用
・「家族のための転職」を面接でアピール

若手向けの「中規模転職サイト」を利用

「若手向け」の中規模転職サイトを利用

大手転職サイトだけの登録で満足していませんか?実は、私も含め転職成功者の32%は大手以外の転職サイトも利用して初めて内定しています。

がっくん
がっくん

大手だけを使うと中規模転職サイトの掘り出し求人を見逃すからです。下記では、ホワイト企業に内定する「若手向け」中規模転職サイトを紹介します↓↓

【ホワイト企業×内定】若手向け中規模転職サイトおすすめ3選

「人柄」特化の転職エージェントを利用

「人柄」重視の転職エージェントを利用
株式会社学情‐企業・団体の人事担当者対象インターネットアンケート

実は「人柄」こそ、最大の定着性のアピール法です。「人柄の良さ」を自分で伝えられないことが不採用の大きな原因と言えます。

がっくん
がっくん

しかし「人柄」のアピールに特化した転職エージェントを利用すれば、圧倒的に(ホワイト企業に)採用されやすくなります↓↓

「家族のための転職」を面接でアピール

「家族のための転職」を面接でアピール
リクナビNEXT‐インターネットでアンケート

面接で「家族のために転職する」ことをアピールすれば信頼性と定着性を示すことができます。私も実践しました。

がっくん
がっくん

詳しいアピール方法は、以下の記事を参考にしてください↓↓

「転職理由は家族のため」が最強の志望動機

まとめ

「これまで培ってきた能力やスキル」面接例文のまとめ

以上、転職面接で「これまで培ってきた能力やスキル」を聞かれた際の回答例文3選と志望動機の作成法を解説しました。

・独自アンケートの結果、「これまで培ってきた能力やスキル」に答えられる応募者に対し83%の採用担当者が「印象が良い」と回答した。
・「これまで培ってきた能力やスキル」を聞かれる理由は、強みの理解、企業研究、志望動機との一貫性の確認。
・「これまで培ってきた能力やスキル」についてのNG回答は、強みを理解していない、企業研究が不足している、志望動機と一貫性がない回答。
・「これまで培ってきた能力やスキル」は、志望動機を中心に回答することで内定につながる。
・「これまで培ってきた能力やスキル」に回答するため、自己分析をもとに強みを反映した志望動機を作成してください。
・「これまで培ってきた能力やスキル」は、強みをもとにこれまで培ってきた能力やスキル、これまで培ってきた能力やスキルのエピソード、志望企業でも培った能力やスキルを活かす姿勢の順に述べる。
・転職成功テクニックを活用し、内定獲得率を高めてください。

がっくん
がっくん

みなさんの転職成功を心から祈っております。

転職ノウハウ
がっくんをフォローする
管理人

中堅企業平社員から倍率1000倍(2024名エントリー採用2名)の超ホワイト企業に転職成功。
30代。妻と猫と3人暮らし。
実績がなくても採用される転職ノウハウを日々発信中。

がっくんをフォローする
がっくん転職ゼミナール
タイトルとURLをコピーしました